ポイント!
  • メルマガで稼げないのは、配信者と読者にある「意図の違い」を知らないから。
  • 商品やサービスの販売」や「アフィリエイト」など、メルマガの稼ぎ方はいくつもあります。
  • メルマガでも「短期マネタイズ」と「長期マネタイズ」がポイントです。

トール

今回のテーマは『メルマガで稼ぐコツを理解しよう』について!

どうもー!トールです(@tooru_medemi

実はわたし、メルマガを始めてから約1年間まったく稼げませんでした・・・。

それでも、メルマガの仕組みを理解していくうちに、メルマガでの収益も徐々にアップしていったんです。

わたしの「メルマガ歴」2022.5 現在
  • 登録者:約1,000人
  • 開封率:平均50〜60%
  • 運用歴:約4年(2018.2〜)

メルマガを始めたときは「商品を紹介すれば勝手に売れてくんでしょ」って安易に考えてましたが、やっぱり現実は甘くなかったですね・・・。

メルマガで稼げてないときは「メルマガの仕組み」だとか「読者のニーズ」が、まったく理解できていませんでした。

でも、メルマガで稼ぐ「仕組み」や読者の「ニーズ」を理解できるようになってから、メルマガ収入もアップするようになりました。

  • メール1通で30万円の売り上げ
  • 1万円の商品が定期的に売れる

この記事はこういった経験則を元に書いたので、いま「メルマガで稼げてない」人のお役に立てると思います。

ということで今回は「メルマガで稼ぐ仕組み」について、お伝えしていきましょう。

メルマガでもブランディングをしていく

メルマガに限らず、商品やサービスが一番売れるのは「ブランディング」が伴ってきたとき。それこそ盲目的に売れていきます。

たとえば、次のようなことってよくありますよね。

  • Apple信者はiPhoneが出るたびに買う
  • アイドルが宣伝した商品をファンは買う
  • 好きな選手が使ってる道具を子供が買う

これって、良い商品だから買うというよりも、企業とか個人に惹かれているから買うという心理。つまり、ブランド力で売れてる証拠です。

なので、メルマガで稼ぎたいとか、利益を得たいというなら、メルマガでもしっかりブランディング戦略を行っていく必要があります。

メルマガ自体にブランド力をつけたり、売りたい商品やサービスのブランド力強化にメルマガを使ったり、目的に応じてメルマガ配信をしていきましょう。

ちなみに、以下の3つの視点から情報を伝えると、ブランディングしやすいです。

ブランディング「3つの視点」
  • 機能的価値:性能や機能について
  • 感情的価値:好きになってもらう
  • イメージ:狙った印象を与える

この3つが合わさったとき、その商品とかサービスって爆発的に売れていきます。

たとえば「iPhone好き」な人たちは、以下のように思ってることが多いのでは。

  • スタイリッシュで使いやすい(機能)
  • 持っているだけでカッコいい(感情)
  • 革新的であり最先端でもある(イメージ)

つまり、商品の性能とかサービスの内容ばかりをアピールしても、ブランド力はアップしないということです。

このあたりについては『メルマガをブランディング戦略に使うときの心得』で詳しく解説しているので、ぜひ一読してからメルマガ運営を見直してみてください。

メルマガで稼ぐ仕組みを理解する

メルマガで収入を得ていく方法は、大きく分けて4つ。以下のような方法を使えば、メルマガで稼ぐことができます。

メルマガで「収入を得る」方法
  1. アフィリエイトをする
  2. 商品・サービスを売る
  3. コミュニティを作る
  4. 号外メルマガを発行する
  5. 有料メルマガを発行する

「号外メルマガ」と「有料メルマガ」で収入を得る方法については上級者編なので、ここでは簡単に触れるだけに留めておきます。

「号外メルマガ」とは
  • 自分のメルマガで「他人のメルマガ」を紹介すること
  • 紹介する対価として「紹介料」をもらう仕組み
「有料メルマガ」とは
  • 読者から「購読料」をもらって配信(月額制など)
  • 有料でも読んでくれる読者を集めるのが難しい

号外や有料メルマガで稼ぐのは難易度が高いですから、まずは「アフィリエイト」や「商品やサービス販売」などに取り組んでいくといいです。ファンが増えたら「オンラインサロン」のようなコミュニティを作るのもあり。

メルマガのマネタイズ3選』では個人でも行えるメルマガのマネタイズ方法を解説しているので、こちらもぜひ参考にしてください。

とにかく最初は、アフィリエイトで稼ぐ方法だと手間がかからないので、メルマガ初心者はアフィリエイトをやってみましょう。

メルマガでアフィリエイト

「アフィリエイト=ブログ」というイメージがありますが、メルマガでもアフィリエイトができます。

ちなみに、アフィリエイトとは企業の商品やサービスを紹介して、それが売れれば「紹介報酬」をもらうという仕組みです。

もちろん、アフィリエイトにもデメリットはあります。

アフィリエイトの「デメリット」
  • 商品自体に魅力がないと一切売れない
  • 売り上げのすべてが収益にはならない

アフィリエイトの場合、いくら紹介の仕方がうまくても商品自体に魅力がなければ、まったく売れないです(商品選びも大切)。

また、売り上げの一部を報酬としてもらう仕組みなので「売り上げ=収益」とはなりません。

それでも、アフィリエイトには「魅力的なメリット」がいくつもあります。

アフィリエイトの「メリット」
  • アフターフォローなど手間がかからない
  • 時間をかけず手軽に始められる
  • 様々な商品を紹介できる

アフィリエイト最大のメリットは、手間や時間をかけずに始められること。

しかも、自分で商品を作ったりとか、アフターフォローをしたりする必要がないので、初心者でも気軽に始められます。

以下のような大手ASPに登録するだけで、いろんな商品を紹介できるんですよ(登録無料)。

登録必須!大手ASP3社
  • A8.net |アフィリエイト定番ASP。取扱商品No.1。記事を書いてなくても登録OK
  • afb|エステ・ボディケアなど、女性向けブログで扱う商品が充実。こちらも定番のASP
  • バリューコマース|国内で一番古いASP。Yahoo!ショッピングを扱える唯一のASPでもある

具体的な手順については『メルマガアフィリエイトのやり方』でも解説しているので、こちらも参考にしてください。

商品やサービスを販売する

自分で作った商品やサービスなどがあれば、メルマガを使って直接販売するのもありです。

こういったオリジナルの商品やサービスは「売り上げ=利益」になるので、とても効率よくメルマガで稼ぐことができます。

しかも、アフィリエイトと違って「販売のやり方に制限がない」から、アイデアと実行力次第で大きく収益化することが可能です。

メルマガ「販売促進」アイデア
  • YouTubeなどの動画を使ってみる
  • 購入特典やプレゼントをつける
  • 期間限定にして割引をする etc

わたし自身も商品やサービスを作ったら、こういった方法を使いながらメルマガで販売をしています。

ちなみに『売上アップにメルマガを役立てる5つのコツ』で解説しているように、メルマガで販売をするときは「カード決済機能」の有無は大きく売り上げを左右します。

以下の配信スタンドは、カード決済機能を含めて多機能にもかかわらず「リーズナブル」な料金設定だからおすすめです。

メール配信スタンド特徴
マイスピー(MyASP)★イチオシ!多機能で使いやすく、クレジットカード決済機能、LINE連携機能もあり。お試しプランあり
メール商人おすすめ!30日の無料お試し期間あり(全機能の利用可)。全プランでメール配信は無制限。オンラインによる個別相談会あり

※タップして横スクロールで全部見れます

これらの配信スタンドについて『メルマガ配信スタンドおすすめ7選+配信スタンドの選び方』でも詳しく紹介しているので、クレジットカード決済を導入したい人は参考にしてみてください。

メルマガの収入アップに必要なこと

ここからは、メルマガで収入をアップしていくために「最も大切なこと」をことをお伝えします。ぜひ以下の公式を覚えておいてください。

メルマガで稼ぐ公式
  • メルマガ読者数×メール開封率×リンクのクリック率

この「読者数・開封率・クリック率」という3項目の数値をアップすることができれば、メルマガでの収入も増えていきます。

では、どうすれば各項目の数値をアップさせられるのか?

利益につながるメルマガ読者を増やす

メルマガ読者数を増やすには「とにかく登録してもらうこと、さらに解除されないこと」がとても大切です。

中でも、しっかりメルマガを読んでくれる「質の高い読者」を増やしていくことが、メルマガでの利益アップに繋がります。

「質の高い」読者を増やすコツ
  • メルマガ以外でも普段から情報発信をしておく
  • 登録したいと思うような「登録ページ」を作る
  • 登録する手間をなるべく減らす(入力項目など)
  • 定期的にメルマガ配信をして「解除率」を下げる
  • プレゼント目的の人には登録してもらわない etc

メルマガ読者を増やすには普段からの情報発信がとても重要で、SNS、ブログ、YouTubeなど、色々な手段で情報を発信していきましょう。

中でもブログとメルマガはとても相性が良くて、メルマガで稼ぎたいなら『ブログからメルマガ読者を集めろ!』で解説している方法でメルマガ登録者を増やしていくといいです。

そして、読者を集めながら「メルマガを読んでもらう」ことにも注力していきます。

メルマガの開封率を上げるために

いくら素晴らしい内容のメルマガを配信したとしても、読者がメールを開封しなければ意味がありません

ですから、以下の2つを意識して「メルマガの開封率」を上げていきましょう。

「開封率」を高める施策
  • 「メルマガの件名」を工夫する
  • 「配信者のブランド」を高める

今すぐにでも対策できるのが「メルマガの件名(タイトル)」です。

次の2つのメールが受信ボックスに入っていたら、どちらを読みたくなりますか?

どちらのタイトルが気になる!?
  • メルマガで稼ぐ方法を教えます
  • 「これは大切な話です!」メルマガで稼ぐには【ある公式】を覚えるだけでした

    漠然としたメールの件名だと「見向きしてくれない」ことを、ぜひ覚えておいてください。

    こうしてメールのタイトルを工夫していきながら、あとは配信者の「ブランド力」を高めていきましょう。

    • 配信者の認知度
    • 配信者の信頼性
    • 配信者の人間性

    上記のことを意識しながら「配信者のブランド」を高めておけば、メルマガ読者は「配信者の名前を見ただけで」メールを開封してくれるようになります。

    たとえば、自分の好きな芸能人とかアイドルからメールが届いてたら、少々つまらないタイトルでもメールを見ちゃいますよね。

    こんな感じで、あなたからメルマガが届いたら「無条件で読む」という状況になれば、メルマガの収益も確実に伸びていくんです。

    メルマガの開封率を上げる5つのポイント』では、これ以外にも開封率を高めるコツを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

    商品リンクのクリック率を上げるために

    そして、メルマガで稼ぐために最も重要なのは、商品やサービスを「買ってもらう」こと。

    そのためには、まず商品やサービスのリンクを「クリック」してもらわなければなりません。

    メルマガで「商品が売れる」流れ
    1. メルマガが読まれる
    2. 商品リンクがクリックされる
    3. 商品が購入される

    いかにしてリンクをクリックしてもらうか、ここが売り上げが伸びるか伸びないかの瀬戸際です。

    クリックしてもらうには「そこに至るまでの流れ」が大切で、読者の悩みを理解しつつ解決策を提示してあげてください

    以下のような流れでメルマガを書いていけば、最後まで読んでくれる読者は「リンクをクリック」してくれます。

    焦げつかないフライパンって本当に便利です。
     ↓
    油を使って料理をすると、洗うのに手間がかかるから面倒。かといって、油を使わないと料理が焦げついちゃう。
     ↓
    そんなときは、油も必要ない「フッ素加工」のフライパンがおすすめ。
     ↓
    このフライパンはフッ素加工が長持ちするから、経済的にもお得です。

    リンクをクリックしてもらいたいがために、メルマガの最初でリンクを載せるのはやめましょう(読者に嫌われます)。

    こちらの書籍は、クリックされる文章の参考になります。

    ¥1,540 (2022/05/22 18:36時点 | Amazon調べ)
    \Amazonタイムセール祭り!/
    Amazon

    クリックしてもらうには「読者の共感」がとても大切で、そういった文章の書き方が解説されている良書でした。

    短期爆発と長期継続のマネタイズを組み合わせる

    自分の商品やサービスをメルマガで販売するときは、ぜひ「短期的視点」と「長期的視点」で売る仕組みを作ってください。

    この両方の視点を持つことで、安定して効率よく稼ぐことができます。

    商品・サービスが完成したら
    • 「既存の登録者」に対してメルマガで一気に販売(短期的視点)
    • 「新規の登録者」へステップメールで販売を自動化(長期的視点)

    既存のメルマガ登録者へ販売

    新商品とか新サービスができたら、まずは「既存のメルマガ読者」へセールスをしていきましょう。

    そのときは、以下のようなテクニックを使えば、より売れやすくなります。

    • 先行販売
    • 割引価格
    • 読者特典
    • 期間限定

    新発売っていわゆる「お祭り」と同じですから、発売日前から1週間続けて毎日メルマガを配信したり、上記のようなテクニックを使ったり、ちょっとくらい「ゴリ押しセールス」をしても大丈夫です。

    普段のメルマガで、読者が求めている価値提供をしっかりできていれば、みんな喜んで買ってくれますよ(メール1通で100万ってことも)。

    さらに、新発売のお祭り期間が終わったら、商品やサービスの販売を自動化していきましょう。

    新規メルマガ登録者へも販売する

    商品やサービスの販売をたった1回で終えてしまうと、ビジネス的にはとても効率が悪いです。

    ですから「継続して販売していく」仕組みづくりが必要になります。

    継続的に販売する流れ
    1. メルマガに登録してもらう
    2. 数通のステップメールが送られる
    3. 最終のステップメールで販売する

    いわゆる「ステップメール」の仕組みを作っておけば、メルマガでの販売を自動化できます。

    メルマガに登録さえしてもらえたら、あとは自動でステップメールが配信されていくので、仕組みさえ作っておけば放置しておいてOK。

    • アフィリエイト商品
    • 自社商品やサービス

    これらのものをステップメールで仕組み化して販売していけば、メルマガでもしっかり稼げるようになっていきます。

    アフィリエイトでの稼ぎ方と商品やサービス販売での稼ぎ方、それぞれのメリットとデメリットを『メルマガ配信を自動化したら副業でも稼げた』で説明しているので、ぜひ参考にしながら収益化を目指してください。

    「売ろうとし過ぎ」か「売らなさ過ぎ」

    メルマガは「PUSH型の媒体」だとよく表現されますが、これは一歩間違えれば「押し売り媒体」だということ。

    メルマガで稼ぐためには、配信者と読者どちらの意図も理解しつつ読者ニーズ」を満たすことが重要です。

    そして、メルマガ配信者の意図することと、読者の求めていること、この2つのバランスを考えながらメルマガ配信をしていきましょう。

    • 配信者の意図:紹介する商品やサービスを買って欲しい
    • 読者が求めること:知って得する情報が欲しい(プレミアム感)

    これら2つのバランスが崩れたメルマガっていうのは、たいてい「売ろうとし過ぎ」か「売らなさ過ぎ」のどちらかになってることが多いです。

    わたしの場合は「売る」と「情報提供」の目安を決めていて、だいたい「売るが1〜2割」で「情報提供が8〜9割」くらいにしています。

    「売る」と「情報提供」の割合
    • メルマガ10通のうち、セールスメールは1〜2通
    • 頻繁にセールスするときは、情報提供9割、商品情報1割

    あくまでも目安なので、自分のメルマガ読者の反応(クリック率・開封率・解除率など)を見ながら、情報提供とセールスの割合を調整してください。

    ということで、今回紹介してきたポイントを押さえていけば「メルマガで稼げるようになる」ので、1つずつ課題をクリアしていきましょう。

    配信スタンドの選び方(例)