ポイント!
  • メルマガで稼げるリストとは「しっかり読んでくれる読者」であることが前提。
  • ブログから集めるメルマガリストは「利益に貢献してくれる」確率が高いです。
  • ブログでメルマガ読者を集めるコツが3つあります。

トール

今回のテーマは『利益に直結するメルマガリストの集め方』について!

どうもー!トールです(@tooru_medemi

メルマガを始めてはみたものの、なかなかリストが増えていかない、まったく稼げない、こういった歯痒い思い。よくわかります(わたしもずっと悩んでたので)。

しかもメルマガって、読者数さえ増えればいいというわけじゃなくて、しっかりと「メルマガを読んでくれる」人に登録してもらわないと、ホント意味がないんですよね。

わたしの「メルマガ歴」2022.7 現在
  • 登録者:約1,000人
  • 開封率:平均50〜60%
  • 運用歴:約4年(2018.2〜)

ちなみに、わたしはブログとかYouTubeを使って「読者リスト」を集めてますが、やっぱりブログから登録してくれた読者のほうが反応は良いです。つまり「稼げるリスト」ってこと。

ということで今回は、ブログを使ったメルマガリストの集め方について、わたしの実践方法も踏まえながら解説していきます。

メルマガのリスト集めにブログは欠かせない

冒頭でも触れましたが、良い反応をしてくれるメルマガリスト(稼げるリスト)というのは、ブログから集まりやすいです。そもそも、メルマガで稼ぐには、リストの数ではなく「リストの質」がポイント。

しかも、メルマガもブログも伝える手段としては「文字」が基本。だからこの2つの相性はバッチリなんです。

つまり、ブログの読者っていうのはメルマガを読むことに抵抗がありません。なので、興味があるメルマガには躊躇せず登録しますし、しっかり読んでくれます。

リストの質は「読んでくれるか」で決まる

メルマガで商品やサービスを売ったり、アフィリエイトをしたり、こうやってメルマガで稼ぎたいなら「しっかり読んでくれる読者」を集めることが最優先。

というのも、メルマガで収益を得るということは、商品やサービスなどを「文章でセールスする」のが基本だから。

そのためには、以下のようなリストをどれだけ集められるかがポイント。

  • しっかりメルマガを読んでくれる人
  • 価値があると思って登録してくれた人

プレゼントや特典などを目当てに登録した人は、やっぱり「文章を読んでくれない」ことがほとんど。こういう読者ばかりだとメルマガでは1円足りとも稼げません。

逆に、上記のような読者ばかり集めていけば、そんなに商品を売り込まなくても稼げますし、なんなら「おすすめ商品を教えてくれ」と聞かれるくらいです。だから、好きなタイミングで、望んでいる金額が稼げます(これがメルマガの楽しいところ)。

そして、興味をもってメルマガを読んでくれる人たちを集めるには、以下のことを意識していくと良いです。

  • 気になる発信者になる
  • ニーズがある情報を発信する

メルマガを読んでくれそうな人をターゲットにするなら、やはり「ブログ」を使うのが理想的。また、YouTubeやSNSから「質の高いリスト」を集めるのはハードル高めです。

それでは、どうやってブログからメルマガリストを集めるのか。これについて詳しく解説していきます。

ブログでメルマガ読者を集める3つのコツ

ブログからメルマガリストを集めたいとき、以下の3つの方法が効果的です。これさえやっておけば、あとは自動的にリストが増えていくので。

ブログでメルマガリストを集めるコツ
  1. ブログ内に登録フォームを設置する
  2. 登録専用のオプトインページを作る
  3. 記事でオプトインページを紹介する

では、この3つのコツについて詳しく説明していきます。

ブログ内に登録フォームを設置する(コツ①)

まずはじめに、ブログ内に「登録フォーム」や「登録フォームへのリンク」を載せておきましょう。ちなみに、以下の場所に載せることが多いです。

  • サイドバー
  • 記事の中
  • 目次の上(あるいは下)
  • 記事の最後

この中でも「記事の最後」とか「サイドバー」に載せるのが基本。あとは必要に応じて、記事の中に入れたり、目次の上に入れたりします。あくまでも、読者の反応を見ながら。

たとえば、サイドバーに設置するとこんな感じになります。

登録フォームサイドバー

ただ、ブログのサイドバーって「スマホで見ると一番最後に表示される」場所。スマホ読者が多いブログなら、あえてサイドバーには載せなくてもOK

また、登録フォームを載せたくない場合は「登録フォームへのリンク」を載せておくのもあり。たとえば、以下のように「テキストリンク」にして載せるとクリックされやすいです。

登録リンクをサイドバーに設置

赤枠で囲った部分にある「7日間メール講座」という部分がテキストリンクになっていて、ここをクリックすると以下の登録フォームに移動します。

メルマガの登録フォーム

この登録フォームは「マイスピー(MyASP)」という配信スタンドで作ったものです。登録フォームのデザインもカスタマイズできるので、どんなブログにも合わせやすいと思います。わたしはこの配信スタンドにしてから、一気に利益を得られるようになりました。

もし興味があるようでしたら『マイスピーの使用感と機能レビュー』で機能やプランを紹介しているので、こちらもぜひご覧ください。

ちなみに、ブログを読んで好きになってくれた読者なら、この登録フォームを載せておくだけでも登録してくれます。ただ、これだけだと取りこぼしが出てくるので、次のコツも併用していきましょう。

登録専用のオプトインページを作る(コツ②)

ブログでリスト集めをするとき、一番のキーポイントが「オプトインページ」です。いわゆる、メルマガ登録するための専用ページのこと。

この登録用のページを作っておくだけで、質の高いリスト集めが飛躍的に伸びます。なので、とても効率よく集められるんです。

ちなみに、オプトインページを作ると、以下のようなメリットが。

「オプトインページ」のメリット
  • 登録率がアップする
  • 質の高い読者が集まる
  • SNSでもアピールできる
  • 配信者の想いを伝えられる etc

ワードプレスを使っているなら「固定ページ」で作るだけなので、ブロガーなら難しい作業ではないです。また、オプトインページを1つ作っておけば、ブログ以外の場所(SNS、YouTubeなど)でも紹介できるので、とても便利。

このオプトインページを作るときは、以下のようなコツを押さえておきましょう。

  • 登録項目はなるべく簡単に
  • メルマガで得られることを伝える
  • 実績や口コミ、推薦文などを載せる
  • 全体的な流れにストーリーを持たせる
  • プレゼントや特典をつける
  • 登録フォームを2カ所以上に設置する

これらのコツについては『オプトインページの作り方6つのコツ』でも詳しく解説しているので、メルマガ登録ページを作るときの参考にしてみてください。

そして、このオプトインページが完成したら、ブログ内でしっかりと紹介していきましょう。たとえば、ブログ記事の最後に載せるのもOK。

登録リンクを記事の最後に設置

ちなみに、わたしのオプトインページがこちらの「稼ぐブロガーになれるメール講座」です。よければ参考にご覧ください。

そして、記事の内容によっては「オプトインページを文中で紹介」するのもあり。

記事でオプトインページを紹介する(コツ③)

ここまで説明してきたように、文章で伝えるブログとメルマガは「とても相性が良い」もの同士。なので、ブログを読んでくれる人たちはメルマガに対しても好意的な人が多いです。

そもそも、こういった前提があるので「記事の中でも」メルマガを紹介してもOK。先ほど紹介したオプトインページへのリンクを載せておくだけ。

ちなみに、以下のような類の記事を書いたとき、自然な流れでリンクを載せておくといいですよ。

  • 読者の役に立っている記事
  • 読者の悩みを解決する記事
  • 読者が共感してくれる記事

こういう記事を介してオプトインページへ読者を誘導することで、メルマガへの登録率は劇的にアップします。もちろんオプトインページの出来にも左右されますが。

また、記事の中でメルマガを紹介するときは、下記に示した「読者の心理的な流れ」を理解しておきましょう。そうすると、ブログを読んだ人が流れるようにメルマガへ登録してくれますから。

ブログ読者の心理

ブログを読んで興味をもつ

メルマガがあることを知る

どんなメルマガなのか知りたい

メルマガを読んでみたくなる

メルマガに登録する

そして、この流れの中で「どんなメルマガなのか知りたい」という部分にフォーカスしたのがオプトインページ。だからこそ、ブログ読者をこのオプトインページにどれだけ誘導できるかがポイントです。

ということで今回は、ブログを使ったメルマガ読者の集め方のコツについて解説してきました。ブログから登録してくれるメルマガ読者は「利益に貢献してくれる」人が多いので、ぜひこれらのコツを試してみましょう。

さらに、メルマガで収益化していくコツやノウハウなどを『メルマガで稼ぐ仕組みと収入アップ術』でまとめて解説しています。こちらも併せてご覧ください。

ブログからリストを集めるとき参考にしている本です