ポイント!
  • Webライティングとは、ホームページ、ブログ、広告など、ネット上に文章を書くこと。
  • ライティングは初心者でも覚えやすく、勉強方法もさまざま。
  • 文章を書くスキルがあれば、収入アップにも繋がります。

トール

今回のテーマは『Webライティング初心者がスキルを身につける方法』について!

どうもー!トールです(@tooru_medemi

Webライティングとは、ホームページ、ブログ、ネット広告をはじめ、ネット上に載せる文章を書くことです。そして、こういった文章を書く仕事をWebライターと呼んでいます。

ちなみに、わたしもWebライターの仕事をしたり、自身のブログやメルマガを書いたり、Webライティングについては色々な経験をしてきました。

わたしの「Webライター歴」2022.8 現在
  • Webライター歴:約6年(2017.4〜)
  • 主な活動:代行ライティング、ブログ運営など
  • 執筆経験:ショッピング、接骨院、人材派遣、ソフトウェア、アプリ、VODなど
  • 執筆本数:1,000記事以上

文章を書くというと「なんだか難しそう」って感じるかもしれませんが、このWebライティングというのは初心者でも身につけやすいスキルの1つ。プログラミングやWebデザインに比べたら、圧倒的に始めやすいです。

しかも、ライティングのスキルが高くなれば収入アップにも繋がりますし、社会人として必要とされる「文章力」も身につけられます。

ということで今回は、収入につながるWebライティングについて、さまざまな角度から解説していきます。

文章が上手く書けない原因を知る(ステップ①)

頑張って書いてはいるんだけど、どうしても読みにくい文章を書いてしまう、分かりにくい文章を書いてしまう、これってWebライティングの初心者とか、文章を書くのが苦手な人にありがちなこと。

ブログだろうが、SNSだろうが、会社での書類だろうが、文章が下手だとか苦手だなあっていう人は、以下の4つの原因のどれかに当てはまります。

  • 書き方についての知識が少ない
  • 実際に文章を書く機会が少ない
  • 書く内容についてリサーチが足りない
  • 思いつくままに書いてしまう

つまり、これらを解決していけば「読みやすくて分かりやすい文章」を書けるようになりますし、Webライティングで収入を得ていくための第一歩にもなります。

とくに「リサーチ」というのは、文章を書くときにとても重要な作業でもあり、決して手を抜けない作業です。公的機関による情報、専門家の意見やデータ、こういったものを含めた文章というのは信頼性が増します。

  • インプット
  • アウトプット
  • リサーチ
  • 読みやすい書き方

これら4つのコツについて『文章力がつかない原因はコレ!文章がうまく書けるようになる4つの解決策』で詳しく解説しているので、こちらも参考にしてください。

一口メモ

 わたしがブログやメルマガなどの文章を書くときは、リサーチに一番時間を割いています。どのような文章を書くにしても「下調べ」さえしっかりやっておけば、あとはスラスラ流れるように書くことができますよ。

Webライティングの基礎スキルを身につける(ステップ②)

Webライティングの初心者が「文章を書くスキル」を効率よく身につけていくには、とにかく知識やテクニックの「インプット」と「アウトプット」を繰り返すしかありません。

初心者がインプットするときのコツとしては、まず簡単に理解できる基礎的な内容から勉強することです。

いきなり専門書のような分厚い本を読もうとすると「必ず挫折する」ので、まずは初心者にも理解できる本から読んできましょう。わたしが読んでいた本など、この記事の最後に紹介してあるので、よければ参考にしてください。

  • 書籍
  • 動画

こういったものでWebライティングの知識や技術についてインプットしたら、間髪入れずに文章を書いてください。こうしてアウトプットすることが、スキルアップに最も大切な作業です。

どうやってアウトプットするか(文章を書くか)は人それぞれで、以下のような方法が良いと思います。

  • SNS
  • ブログ
  • メルマガ
  • アウトソーシング etc

アウトソーシングというのは、ブログやホームページに載せる記事を「運営者の代わりに書く」という仕事で、いわゆる執筆代行の仕事です。

たとえば、このような感じで仕事の募集が行われています。

アウトプットを兼ねてライティングの仕事をしたいなら『ライティングスキルを効率よく上げる方法は「イン・アウト」の繰り返し!積極的に手を動かしましょう』で紹介しているアウトソーシングのサイトに登録して、ライター募集の案件に応募するだけ。

ライティング初心者でも稼ぎやすい方法ですし、文章を書く経験にもなるのでおすすめです。

一口メモ

 わたしがライティングの勉強を始めたとき、インプットした知識を使ってTwitterやブログですぐに文章を書いてました。ちなみに、自分のブログがあるとライター案件の仕事がもらいやすくなります。

実戦で使えるスキルを身につける(ステップ③)

先ほど紹介したインプットとアウトプットを繰り返すのも効果のある勉強法なんですが、現役Webライターであるわたしが推奨するのは「プロに学ぶ」という方法。

この方法だと、実戦で役立つスキルが短期間で身につけられますし、効率よく勉強ができます。

現役Webライターが推奨するライティング勉強法はコレ!独学は今すぐ止めましょう』でも解説していますが、本や動画などで独学ばかりしていると「落とし穴」があるので注意しましょう。ちなみに、プロに学ぶと以下のメリットがあります。

  • 基礎から応用までを全て学べる
  • 最新の知識やテクニックを学べる
  • プロによる添削や助言をもらえる

オンラインで受講できるWebライティング講座だと、こういったことを現役のプロライターから勉強できるので、一人で勉強するよりも効率よく確実にスキルアップできます。

もちろん費用はかかりますが、本気でWebライティングを勉強したいなら受講する価値ありです。しかも、アウトソーシングで代行執筆しながら受講すれば、すぐに費用もペイできますから。

  • プロに学びながらアウトプット
  • 添削を受けながらスキルアップ

この2つを柱にして勉強していけば、プロ並みの実力を短期間(2〜3ヶ月)で身につけることが可能です。それくらい独学より効率がはるかに良い。

こちらの『オンライン型ライティング講座の選び方+おすすめ5講座【添削サービスがポイント】』では、コスパが良くてプロに学べる講座を紹介しています。オンライン講座に興味があれば、ぜひ参考にしてください。

一口メモ

 書籍も出版されているプロライターさんの講座を受けてみたんですが、本では得られない知識やテクニック、最新の情報などが満載でした。費用をケチって独学してると、意外と間違った方向に進んでるケースが多いので要注意!

ブログ記事や文章を書くスピードを意識する(ステップ④)

ライティングのスピードが速くなればなるほど記事をたくさん書けるので、もちろん収入アップにもつながります。

とはいえ、内容が伴っていないと意味がないので、記事の質を高めつつ書く速度を上げていくのが理想です。

一番はじめの項目でもお伝えしたように、上手く文章を書くためにリサーチはとても重要。だけど、リサーチに時間をかけ過ぎると記事を素早く書くことが難しくなります。

  • 効率よくリサーチする
  • 書く「型」を決めておく

これを意識するだけでも、記事を書くスピードは格段にアップしますし、しかも記事の質は落ちません。

しかも、記事の質を高めながら素早く書くことができるようになると、収入アップに繋がります。下記はその一例です。

  • 多くのライター案件を受注できる
  • 依頼主からの信頼度がアップする
  • ライバルより先に記事を投稿できる
  • 新しい記事をどんどんアップできる etc

また、リサーチの精度を上げたり、読みやすい文章を書くために『ブログ記事を素早く書くための極意3つ!読者の悩みを先回りする思考力は欠かせません』でも解説している「書き手の思考力」はとても重要。

いわゆる、読者の悩みをしっかり解決できる思考力、これが身につけば「稼げるWebライター」になれますから。

一口メモ

 ブログを書くにしても、ライター案件をこなすにしても、記事を早く書けるようになってから収入アップに繋がりました。わたしは過去に3ヶ月で100記事くらい書いたこともあります(企業案件で)。

収入アップにつながる文章の書き方(ステップ⑤)

ライティングのスキルがある人は「頭が良い」って思われるような文章を、スラスラ書くことができます。つまり、人って「文章が上手い=頭が良い」っていうイメージを持ちがちです。

だから、文章が上手く書けるようになれば、色々な形で収入をアップしていくことができます。たとえば、こんな感じで。

  • 商品が売れやすくなる
  • 企業などから執筆依頼がくる
  • 代行執筆するときの単価が上がる
  • 他の仕事につながる etc

でもやっぱり、ライティングが上手くなるには「時間がかかるんじゃないか」と思いがちですが、コツさえ知っておけば、初心者でも頭が良いと思ってもらえるような文章が書けます。

そこでポイントになるのが、以下のことを意識して文章を書くことです。

  • 大まかな結論を言う
  • 適宜、見出しを使う
  • 読者を誘導していく

文章力を鍛えたいなら「3つの作業」を繰り返そう!頭が良いと思われる文章は誰にでも書けます』では、実例を挙げながらもっと詳しく解説しているんですが、つまり「道案内をするつもり」で文章を書いてみてください。

もちろんこれは、ビジネスや会社でも使える文章術でもあるので、覚えておいて損はありませんよ。

一口メモ

 ブログをやってて実感してますが、文章が上手くなるほど収益ってアップしていきます。しかも、ブログを通して企業からの執筆依頼も増えてくるので、いつも良い経験をさせてもらってます。

社会人としての文章力を身につける(ステップ⑥)

Webライティングというと、ブログとかWebライターとかのイメージが強いと思いますが、社会人にとっても重要なスキルの1つ。

というのも、漢検の調査データによると7割近くの企業が「文章力は昇格や昇給に影響する」と答えているからです。やっぱり、仕事で文章を使うことって多いですもんね。

あなたの勤務先では、社員の文章力は昇格や昇給に影響すると思いますか?

引用:人材育成担当者を対象とした 社員の文章力に関する意識調査

たとえば、以下のような場面で「文章力」が欲しいと思ったことありませんか。

  • 企画書、報告者
  • メールのやり取り
  • テレワークでの連絡 etc

こういうときに文章力があると、相手からも信用されますし、仕事ができると思ってもらえます。だからライティングのスキルって大事なんですよね。サラリーマンにとっても。

働きながら勉強するのは大変そうに思えますが、こちらの『文章力がある社会人は「昇給・昇格」にも有利!7割近くの企業が社員の「文章力」を重視している』で解説しているような「文章に何が求められているのか」を、しっかり把握しておけば大丈夫です。

しかも、文章を書くスキルがあれば「副業」として小遣い稼ぎできるメリットもあります。たとえば以下の方法で。

  • ブログ
  • SNS
  • アウトソーシング
  • YouTubeの台本や企画

ライティングでお金を稼ぐのは、隙間時間にできるし、自宅でもできるし、副業としてとてもハードルが低いので、小遣い稼ぎにもおすすめ。

本業だけでなく副業にも活かせるスキルなので、これから文章力を磨いていくといいですよ。

一口メモ

 わたしは社会に出てから、文章の書き方を誰にも教わった経験がありませんでした。いま思うと、上司って文章が上手かったし、出世する同僚も企画書や報告書での伝え方がかなり上手でしたね。

おすすめの書籍とライティング講座

それでは最後に、現役Webライターのわたしがおすすめする「書籍」と「オンライン講座」を紹介します。よければ参考にしてくださいね。

初心者にもおすすめしたい書籍

¥2,200 (2022/09/24 10:38時点 | Amazon調べ)
¥1,540 (2022/09/26 09:59時点 | Amazon調べ)
¥1,980 (2022/09/26 14:07時点 | Amazon調べ)

コスパが良いオンライン講座

  • あなたのライターキャリア講座|ライティング専門会社の講座。プロによる添削もあり。本格的に学びたいならココでOK。
  • web+ Media School|ライティングを学びながら記事を書いて報酬をもらえる。プロによる添削あり。まずは資料をダウンロード。
  • SHElikes(シーライクス)|女性専用のスクール。デザインやマーケティングも合わせて学びたい人向け。
  • 通信講座たのまな|Webライティング労務士の資格を目指せる講座。リーズナブルな料金。