ポイント!
  • Webライターの仕事を継続するには「文章の欠点」に早く気がつくこと。
  • 自己流の書き方」をしているうちは、継続して案件をゲットできません。
  • プロに学びながらアウトソーシングで「継続案件」をゲットしていきましょう。

トール

今回のテーマは『継続してライターの仕事をしていくために必要なこと』について!

どうもー!トールです(@tooru_medemi

Webライターの仕事を始めてみたものの、思うように稼げなかったり、仕事がもらえなかったり、これってほとんどのライターが抱えている悩みだと思います。

  • なぜ単価の低い仕事しかできないのか
  • なぜ継続して仕事の依頼が来ないのか
  • なぜテストライティングに合格できないのか

こんな感じで、実際にわたしも「Webライターの仕事が増えていかなくて」悩んでた時期もありました。

ただ「ある原因」を解消してからは継続して仕事をもらえてますし、もちろん収入も安定していきます。

わたしの「Webライター歴」2022.8 現在
  • Webライター歴:約6年(2017.4〜)
  • 主な活動:代行ライティング、ブログ運営など
  • 執筆経験:ショッピング、接骨院、人材派遣、ソフトウェア、アプリ、VODなど
  • 執筆本数:1,000記事以上

継続案件をゲットできたり、仕事が途切れないWebライターって、みなさん「共通点」があるんですよね。

ということで今回は、継続して案件をゲットしていくために必要な「たった1つのこと」について解説していきます。

ライター案件を継続的にゲットするために必要なこと

まずはじめに、以下のような「社会人としてやって当たり前」のことは、あえてここでは詳しく触れません。

  • 納期に間に合わない
  • 誤字脱字などミスが多い
  • 適切に依頼主とやりとりできない

こういった基本的なことはやれている前提で、ここから話を進めていきたいと思います。

結論として「文章の欠点」に気づいていないのが原因

独学で勉強しているWebライターほど、自分の書いている「文章の欠点」に気がつきません。これが仕事が増えない最大の原因です。

たとえば以下のようなことがあると、ライター案件をゲットする妨げにもなります。

  • 言い回しのクセ
  • わかりにくい表現
  • 読者心理を突いていない etc

こういう文章の欠点というのは「他人に指摘される」まで気づけないものですが、問題なのは「Webライターの世界にはフィードバックがない」ことなんです。

つまり、高単価の仕事に応募して落ちたり、執筆依頼が継続されなかったりしたとき、その原因を教えてもらえない。

だから我流でいくら頑張っていたとしても、Webライターの案件を継続してゲットできないんですよね。

つまり、求められるのは「クセがない読みやすい文章」

依頼主にしてみれば、変にクセがあったり、独特の言い回しだったり、こういう文章を書かれることが一番困るんです。

とくに企業や公式サイトなどは、読みにくい文章をかなり嫌います。

  • ブランドイメージに傷がつく
  • 売り上げが落ちてしまう
  • 顧客が離れていく

こうなると死活問題ですから、そもそも自己流で文章を書くようなWebライターは契約してもらえません。

だからこそ「書き手のクセがなくて読みやすい文章」を書くことが、Webライターとして継続して案件をゲットしていくにはとても大切です。

ただ「自分のクセって自分ではわからない」ので、ちょっと大変なんですよね。

プロのWebライターにフィードバックをもらう

自分のもっている文章のクセを正すためには、やっぱり「現役のプロライター」に指摘してもらうのがベスト

たとえば、おいしい料理が作りたいなら「プロの料理人」に教えてもらえば間違いない。これと一緒ですね。

もし以下のような悩みを抱えているなら、プロライターからアドバイスをもらってみましょう。

Webライターが抱える悩み
  • 単価の安い仕事しかできない
  • 仕事に応募しても採用されない
  • テストライティングで落とされる
  • 継続依頼の仕事を契約できない
  • ブログを書いても稼げない etc

少々コストはかかりますが、プロから学ぶというのは何者にも変えがたい経験になります。

仕事をもらえる文章が書きたいなら『オンライン型ライティング講座の選び方+おすすめ5講座【添削サービスがポイント】』でも紹介していますが、プロライターによる「添削サービス」があるライティング講座がおすすめです。

プロから学びつつ、継続案件に応募していきましょう

クラウドソーシングのサイトでは、継続して記事を依頼してもらえる「継続案件」が多くあります。

継続案件では、だいたい以下の流れで契約が決まります。

  1. 案件に応募する
  2. テストライティング
  3. 合格すれば継続して依頼される

ほとんどの依頼主はテストライティングの段階で「スキルの見極め」をするので、この壁を乗り越えることが継続案件をゲットするポイント。

読者が読みやすくて、売り上げや集客に貢献できる文章、これが書ければ継続案件ゲットに近づけますので、仕事が増えなくて困っているならぜひプロに学んでみてください。

ちなみに、クラウドソーシングを利用するときは、以下のサイトに登録しておきましょう。

すべて無料で使えるので、まずは全サイトに登録するといいですよ。

ということで、今回紹介してきたように「プロから学び、添削や指摘をしてもらい」つつ、継続して案件をゲットできるライターを目指していきましょう。

以下は、リーズナブルに学べる「おすすめライティング講座」です。よければ参考にしてください。

  • あなたのライターキャリア講座|ライティング専門会社の講座。プロによる添削もあり。本格的に学びたいならココでOK。
  • web+ Media School|ライティングを学びながら記事を書いて報酬をもらえる。プロによる添削あり。まずは資料をダウンロード。
  • SHElikes(シーライクス)|女性専用のスクール。デザインやマーケティングも合わせて学びたい人向け。
  • 通信講座たのまな|Webライティング労務士の資格を目指せる講座。リーズナブルな料金。