ポイント!
  • ブログで稼ぐために「キーワード選び」はとても重要なポイントです。
  • すべての記事で「モノを売る」という意識を持ってください。
  • アフィリエイトでもアドセンスでも、稼げないなら「3つの戦略」を徹底しましょう。

トール

今回のテーマは『ブログ初心者が知っておきたい3つの戦略』について!

どうもー!トールです(@tooru_medemi

かつて、わたしもブログで稼げない初心者の一人で、いままでに何度も「ブログをやめよう」って思いました。

それでも、なんとか粘った甲斐もあって、いまではブログで稼げるようになっています。ホント、あきらめなくて良かったです。

わたしの「ブログ歴」2022.5 現在
  • ブログ歴:約5年(2017.4~)
  • 月間PV数:最高20万pv
  • 運営中ブログ:3つ
  • 記事数:300〜400記事くらい

わたしがブログで稼げてなかったとき、ネットで調べたり、教材を買ったり、有料講座に参加してみたり、いろいろ勉強してきました。

その結果、初心者でもできそうなブログ戦略を以下の3つに集約することできたので、今回はそれを紹介していきます。

  • キーワードの選定
  • 売る意識で記事を書く
  • YouTube / SNSの活用

ブログで稼げてない人は、ぜひこれらの戦略を活用してみてください。

ということで今回は、稼げてないブログ初心者がやるべき「3つ戦略」についてお伝えしていきます。

また、ブログで稼ぐためのヒントを『ブログで収入を得ていく手段と方法』でも解説しているので、ぜひこちらも併せて参考にしてみてください。

稼ぐためのキーワード選びをする(第一戦略)

兎にも角にも「ブログのPV数」が増えないことには、ブログで稼げない状態が続きます。もちろん多くの人に見られれば、稼げる確率も高くなります。

そこで、ブログのPV数(アクセス数)を増やしていくために、以下の2つをしっかり意識してください。

  • 検索意図をしっかり考える
  • 検索ボリュームをチェックする

こういったことを考慮しつつ、ブログで稼げない初心者は「稼ぐためのキーワード選び」を徹底していきましょう。

ちなみに、わたしがブログを書くときは、以下の流れでキーワードを決めています。よければ参考にしてください。

初心者ブロガーが稼ぐためのキーワードの決め方

  1. 読者の悩みをイメージ
  2. 検索しそうな言葉をピックアップ
  3. 複数のキーワードツールを使って確認
  4. 検索ボリュームが「月100〜500回」のキーワードを選ぶ

キーワード選びで一番大切なのが「読者の悩みをイメージする」こと。これが抜けていると、いくら時間をかけて記事を書いたとしてもアクセスは増えません。

まずは、読者がどういう悩みがあってGoogleなどで検索するのか想像してみましょう。

読者が「なぜ検索するのか」を想像してみる

Googleが提唱しているように、読者が検索する目的というのは「4つの検索意図」に集約されます。まずは、これを覚えておきましょう。

4つの検索意図

4つの検索意図
  • 知りたい(know)
  • 行きたい(go)
  • やりたい(do)
  • 買いたい(buy)

まず、読者の悩みや知りたいことを想像するとき、この4つの「どれに当てはまるか」を考えるとイメージしやすいです。

たとえば「テレビ」という言葉を1つ取ってみても、以下のように「検索意図」によって読者が知りたいことはまったく異なります。

  • Know:最新の機能を知りたい
  • Go:家電量販店へ行きたい
  • Do:テレビ番組に出演してみたい
  • Buy:テレビを安く買いたい

では、この中の「テレビの機能を知りたい」という人をイメージして記事を書こうとするとき、もう少し検索する人の気持ちを深掘りしてみましょう。

テレビの機能といえども、使う人の用途によって知りたいことは違います

  • 最新の機能を知りたい
  • 一人暮らしに必要な機能を知りたい
  • 入浴で使うときの機能を知りたい
  • 映画を見るときの機能を知りたい etc

最新機能を知りたいと思っている人は、メーカー独自機能とか、旧型との違いとか、値段による標準機能の差とか、こういったことが知りたいのかもしれません。

また、入浴中にテレビを見たいと思っている人は、防水機能があるかどうか、どれくらいのサイズがあるのか、といったことを知りたいかもしれません。

こうやって、読者の求めていることを掘り下げてイメージしていくと、読者が「どんな言葉で検索するのか」が徐々に見えてきます。

ざっくり「キーワード」を把握する

わたしは、読者が検索しそうな言葉をイメージできたら、キーワードが一覧できる「ラッコキーワード」を使って大枠を把握します。

どんな言葉で検索されているのかが一目瞭然なので、自分が書きたい記事で「使えそうなキーワード」をメモしていきましょう

ラッコキーワードで検索してみる

先ほどの「テレビ_機能」で検索してみると、色々なキーワードを組み合わせて検索されていることがわかります。

  • 最新機能
  • おすすめ
  • いらない
  • 比較
  • 一覧 etc

実際に使われているキーワードで検索をして、上位表示されている記事に書かれている内容と、自分がイメージしていたことがズレていないかをチェックしてください。

また、この「ラッコキーワード」では、サジェストキーワード、関連Q&A、トレンド情報なども見れるので、かなり使えるんです(しかも無料)。

  • サジェストワード(Google/Bing/YouTubeなど)
  • 関連Q&A(Yahoo知恵袋/教えてgoo)
  • Googleトレンド

こういった情報も、すべて1クリックで見られるので、キーワードを選ぶ作業をかなり効率化できます。

大枠でキーワードを把握できたら、次のステップに移ります。

具体的に「キーワード」を絞り込む

いくつかキーワードを選んだら、どれくらいの人たちに検索されている言葉なのかをチェックしましょう。

月に10人しか検索していない言葉もあれば、月に1万人以上が検索している言葉もあります。いわゆる検索ボリュームというやつです。

  • 検索する人数が少ない:検索結果に上位表示されやすいが、読んでもらえる人数が少ない
  • 検索する人数が多い:ライバル記事が多くて上位表示されにくい(読者の目に触れない)

つまり、月間の検索人数が多過ぎても少な過ぎても、読者に読んでもらえる確率は低くなります。

キーワードごとの検索人数を調べるには、無料か有料のツールを使いましょう。

  • キーワードプランナー(無料)
  • ラッコキーワード(有料版)

わたしはこの2つのツールを使いながら、どれくらい検索されているキーワードなのかを調べています。

先ほどの「テレビ_機能」で調べてみたところ、以下の感じでした。他にもたくさんあり。

  • テレビ 録画_機能:月間検索数「1300」
  • テレビ 最新_機能:月間検索数「180」
  • テレビ_倍速 機能_いらない:月間検索数「100」

こうやって各キーワードのボリュームを調べたら、その中から「検索数が月100〜500くらい」のものを優先的に選んで記事を書いていくと、ブログへのアクセスが集まりやすいです。

あとは、ライバル記事の内容をチェックしてみて、切り口や内容でどう「差別化」していくかを考えながら記事を書いていきましょう。

「売る意識」ですべての記事を書く(第二戦略)

ブログで稼げない人に対して言いたいのが、ブログで稼げないのは「モノを売ろうとしてない」から。

丁寧にキーワードを選んで記事を書けばアクセスは集まりますが、モノを売ろうとしたり、広告を貼ったりしなければ、ブログでは1円たりとも稼げません。

すべての記事で、とにかく「何かを売る」ことを意識しましょう。

  • 広告を貼る
  • アフィリエイトをする
  • 自分の商品やサービスを紹介する

やはり、ブログ初心者が稼ぎやすいのは「アフィリエイト」をすること。

アフィリエイトのやり方と稼ぐ流れ』で解説しているように、大手ASP3社「A8.net」「afb」「バリューコマース」だけでなく、Amazon・楽天・YahooなどのECサイトのアフィリエイトにも登録しましょう。

これで様々な商品やサービスをアフィリエイトできるようになるので、稼げるチャンスが広がります。

読者の購買意欲に合わせた記事を書く

ブログで稼げていない人から相談を受けることもあるんですが、そういう人たちのブログを読ませてもらうと「読み手と書き手の意識がズレている」ことがほとんどです。

キーワードを選ぶときに読者のイメージが不十分であったり、読者の購買意欲の理解ができていなかったり、読者の気持ちを無視するとモノは売れません。

売ろうとし過ぎても、売ろうとしなさ過ぎても、読者はモノを買ってくれないので気をつけましょう。

購買意欲と売り込み

  • 購買意欲<売る意識:押し売り
  • 購買意欲>売る意識:物足りない
  • 売る意識=購買意欲:ともに満足

購買意欲が高そうな読者を想定して記事を書くときは、値段とか口コミ、メリットやデメリットなどをしっかり伝えるようにするといいです。

逆に、購買意欲が低そうな読者に向けて記事を書くときは、悩みの解決方法に全力を傾けつつ「さりげなく」商品などを紹介してみましょう。

例:ビデオカメラを売りたい
  • 今すぐ欲しいと思ってる人 → 安く買う方法、使ってみた感想、色々な商品を比較
  • 欲しくなったら買おうと思ってる人 → スマホよりビデオが優れている点、結婚式で動画を上手く撮る方法

購買意欲とキーワードの選び方』でも詳しく解説していますが、読者の「購買意欲をどうやって理解するか」がブログで稼げるかどうかのコツです。

SNSやYouTubeを最大限活用する(第三戦略)

待っているだけではブログのアクセスも売り上げも伸びていかないので、記事を書き終えたら「SNS」や「YouTube」などを使って積極的にアピールしていきましょう。

たとえば、以下のような感じで活用してみてください。

  • SNSの投稿でシェアする
  • SNSのプロフィールで紹介する
  • YouTubeの動画で宣伝する
  • YouTubeの動画説明欄で紹介する etc

たとえ検索順位が低くてクリックされなくても、SNSやYouTube経由でブログにアクセスがあれば商品やサービスは売れていきます。

しかも、ブログの記事の中で「SNSの投稿」や「YouTubeの動画」を貼っておけば、相乗効果も期待大。

  • SNSのフォロワー数やいいねが増える
  • YouTubeの動画再生回数が増える
  • チャンネル登録者が増える
  • ブログのアクセスが増える

こういったメリットが得られるので、SNSやYouTubeをやっているなら、ぜひブログとも連携して活用していきましょう。

ブロガーのTwitter活用方法7選』や『ブログとYouTubeを組み合わせる方法』といった記事で、SNSやYouTubeの使い方を解説しています。よければ参考にしてください。

ということで、ブログで稼げてないなら今回紹介してきた「キーワードの選び方」「売る意識で記事を書く」「SNSやYouTubeの活用」といった3つのポイントをもう一度見直してみましょう。

最後になりますが、ブログで収入アップするノウハウを『ブログで収入を得ていく手段と方法』でまとめて紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ブログで稼げないとき、参考にして欲しい本です

¥1,540 (2022/05/22 18:36時点 | Amazon調べ)
\Amazonタイムセール祭り!/
Amazon
\Amazonタイムセール祭り!/
Amazon