ポイント!
  • ブログから収入を得るためには「ブログの専門性」をできる限り高めていきましょう。
  • ASPやECサイトのアフィリエイトに登録して、稼ぐ手段を増やしていくといいです。
  • ブログで稼ぐためには「読者の購買意欲」に合わせて記事を書いてください。

トール

今回のテーマは『ブログで収入を得る手段とやり方』について!

どうもー!トールです(@tooru_medemi

わたしが運営しているブログの1つは、月間PVが10万を超えているにも関わらず「収入は0円」という過去がありました。

これだけアクセスがあるブログなら、最低でも5〜10万くらいは収入があってもおかしくないはず。

でも当時は、ブログでどう収入を得ていけばいいのか、全然わからなかったんですよね。まあ懐かしい過去ではありますが。

わたしの「ブログ歴」2022.5 現在
  • ブログ歴:約5年(2017.4~)
  • 月間PV数:最高20万pv
  • 運営中ブログ:3つ
  • 記事数:300〜400記事くらい

いまでは複数のブログを運営しながら、色々な方法でブログから収入を得られるようになりました。

ということで今回は、わたしがやってきたこと、やっていることを踏まえながら、ブログで稼ぐための手段とやり方について解説していきます。

売ることを意識して記事を書いてみる

まず、ブログを「100記事」書いたら稼げるという通説。これはウソだと思ってください。

わたし自身、ブログを100記事書いて、月間アクセスも10万PVを超えて、それでもブログでは1円も稼げませんでした。嘘のような本当の話。

というのも、ブログで稼ぐために必要なことを、まったくやってなかったからです。つまり以下のこと。

  • つねに売る意識で記事を書く
  • すべての記事でモノを売る

ブログで稼げてないとか、ブログの収益が上がらないとき、この2つのことを見直してみてください。きっと変わりますから。

また、勉強熱心なブロガーほど、収益記事と集客記事を意識して記事を書こうとしますが、あまり捉われすぎると稼げるチャンスを逃します。

ブログの収益化が難しいなんてウソ』でも解説していますが、想定しているターゲットの「買いたいという意欲」を想像しながら記事の書き方を工夫しましょう。

  1. モノを売る意識・意図で記事を書く
  2. 色々な読者を想定して記事を量産する
  3. 商品が売れていく記事が出てくる
  4. 収益が発生した記事を分析して真似る

こういった流れでブログを書き続ければ、感覚的に売れる記事を書けるようになります。だから数をこなしましょう。

基本的には、ASPやECサイトのアフィリエイトを利用すれば、ブログで売る商品に困ることはないです。

またアフィリエイトにはいくつかデメリットもあるんですが、こちらの『アフィリエイトのデメリットと解決法』で解説している方法を使えばデメリットを相殺できます。

大手3社「ASP」には必ず登録しておく

初心者ブロガーだろうが、ブログを始めたばかりだろうが、ブログで収益化を目指すなら「ASP」への登録は必須です。

というのも、ASPへの登録は「アフィリエイトの準備」としてやっておくべきことであり、ASPに登録しておかないと大きな機会損失をするリスクがあります

まずは、以下のASPに登録しておきましょう。

登録必須!大手ASP3社
  • A8.net|アフィリエイト定番ASP。取扱商品No.1。記事を書いてなくても登録OK
  • afb|エステ・ボディケアなど、女性向けブログで扱う商品が充実。こちらも定番のASP
  • バリューコマース|国内で一番古いASP。Yahoo!ショッピングを扱える唯一のASPでもある

この大手3社ASPに登録しておけば、数千〜数万点の商品やサービスをアフィリエイトできるようになるので、とりあえず登録だけでも済ませておくといいです。

あとは、自分のブログと親和性のありそうな商品やサービスを紹介していくだけ。

  • 記事の内容に合いそうなものを紹介
  • 紹介したい商品を見つけて記事を書く

どちらの方法でもいいので、ブログで商品やサービスを紹介していきましょう。

上記のASPについて『ブログ初心者は3つのASPに登録しよう』で、それぞれの特徴や推しポイントなどを説明しています。よければ参考にしてください。

ちなみに、すべて無料で登録できます。

ECサイトのアフィリエイトも始めてみる

ASPのアフィリエイト案件より報酬単価は落ちますが、商品の豊富さと売りやすさという点から「ECサイト」のアフィリエイトも始めましょう。

ECサイトのアフィリエイトとは、主に以下のもの。

ECサイトアフィリ

こういった大手のネット通販を利用している人口はかなり多いので、ブログを読んだついでに買い物をしてくれる可能性があります。

記事を読んでいる人たちが「興味を持ちそうな商品」を紹介すれば自然に売れていくので、ASPアフィリよりもハードルは低いです。

ブログアフィリエイトのやり方』でも解説しているように、ASPとECサイトのアフィリエイトを組み合わせると、より稼ぎやすくなります。

稼ぐことを念頭に置いてキーワードを選んでいく

ブログで稼ぐことと「キーワード選び」は、切っても切れないこと。それくらいキーワードは大切です。

しかも、漠然とキーワードを探すのではなく「稼ぐこと」を前提としてキーワードを選ぶことが重要で、そのためには読者が検索するときの気持ちをイメージしましょう。

  • 何かを知りたいのか
  • どこかへ行きたいのか
  • どんなことをしたいのか
  • なにをどのように買いたいのか

このGoogleが提唱している「4つの分類」に当てはめて考えると、キーワード選びも記事を書くことも、どちらもスムーズにできるようになります。

たとえば、キーワード選びの流れは以下のやり方もあり。

キーワードを選ぶ流れ
  • 読者の悩みをイメージ
  • 検索しそうな言葉をピックアップ
  • 複数のキーワードツールを使って確認
  • 検索ボリュームが「月100〜500回」のキーワードを選択

もちろん、ブログの信頼性が高まってきたら「検索ボリュームがもっと多い」キーワードで記事を書いてみましょう。その方がより稼げるようになるので。

また『ブログで稼げないときにやるべき3つの戦略』では、稼ぐためのキーワード選びや記事の書き方など、初心者ブロガーでも実践できる内容を解説しているので、よければ参考にしてください。

読者の「買いたい気持ちのレベル」に合わせて記事を書く

アフィリエイトで稼ぐこと、ブログで商品やサービスを得ること、どちらも「買ってくれる相手がいる」から成り立つことです。

だからこそ、読者目線で記事を書くことが大切ですし、ブログで稼ぎたいなら読者の「買いたい気持ち」をイメージして記事を書きましょう。

いわゆる「読者の購買意欲」を段階分けすると、以下のようになります。

  • 今すぐ欲しい
  • ただいま悩み中
  • そのうち買いたい
  • 今は別に欲しくない

このように、人がモノを買いたいという気持ちには段階があって、それぞれの段階によってアプローチを変えていく必要があります。

この購買意欲の段階を無視して記事を書いていると、いつまで経っても稼ぐことはできません。

アフィリエイトで稼げない致命的な「たった1つの」理由!』では、この4つの購買意欲に応じた記事の書き方、キーワードの選び方などを解説しています。よければ参考にしてください。

専門性を高めて「特化ブログ」にする

1つのジャンルに専門特化したブログにすることも、ブログの収益性を高められる1つのコツです。もちろん、専門性が高くなるほど売りやすくなります

とくに今の時代は、何を買うかよりも「誰から買うか」が読者からは重要視されているので、この『ブログとYouTubeどっちが稼げる?』で解説している法則を使って発信していくことが重要です。

また以下のように、専門家と印象づけられるものがあれば、積極的にアピールしましょう。

  • 国家資格を有する(保育士・社労士・FPなど)
  • 経験年数が長い(業界歴・趣味歴など)
  • 専門知識がある(美容・医療・税務など)etc

たとえ上記のようなものが無くても、ジャンルを絞って発信していけば「専門家らしいブログ」を作ることができます。いわゆる特化ブログです。

1つのブログを長く続けていると、どんどんジャンルが広がっていったり、雑記のような記事が増えていくので注意しましょう。

そういうときは『ブログをスリム化して専門性を高める方法』で解説しているように、2つ目のブログを作って記事を移管するのもあり。雑記ブログを特化ブログへ変えたいときにも使えるテクニックです。

無料ブログは使わない

アメブロやFC2など、いわゆる「無料ブログ」を使わないことも、専門性を高めるためのポイントです。たとえば、その分野の専門家が無料ブログを使っていたら、ちょっと大丈夫かなって思ってしまいます。

  • ブランディング
  • 収益化
  • データが消えるリスク

こういった3つの側面から、無料ブログではなくワードプレスをおすすめします。ワードプレスだと、収益化も自由にできますし、突然データが消えるリスクも無いので、安心してブログを使えますから。

無料ブログからワードプレスへ変えるという手もあるんですが、もちろんデメリットはあります。

このブログを引っ越すときのデメリットについては、こちらの『ブログの引っ越しデメリット』を読んでから判断してください。

ブロガーとしての収入を安定させる

一昔前なら「ブログは安定して稼げる」ツールの1つでしたが、現在では頻回に行われるアップデートなどにより、収益が安定して右肩上がりになるとは限りません。

なので、多くのブロガーは以下のような手段を使いつつ、なんとか安定した収益を目指しています。

  • コンテンツの質を高める
  • YouTubeやSNSを始める
  • 複数のブログを運営する
  • 顧客リストを集めて直接売る

Google検索に依存している以上、SEO対策をしたり、コンテンツの質を高めたり、こういったことに力を注ぐ必要もあります。また、SNSとかYouTubeにシフトしていく人もいます。

ただ、せっかくブログをやっているなら「メルマガ」を使ったダイレクトマーケティングで、ブログ以外からの収入で安定化させるのもあり。

ダイレクトマーケティングで収入を安定化」で解説しているように、メルマガ読者とは直接コミュニケーションが取れるから、関係性を築きやすいのもメリット。というのも、ブログとメルマガには「静」と「動」の違いがあるからです。

  • ブログ:読んでもらうのを待つ
  • メルマガ:相手に情報を届ける

ブログが「静」なら、メルマガは「動」で、ブログよりもメルマガの方が、モノやサービスを売って収益化しやすいということ。

また、ブログとメルマガを組み合わせていけば「収益の安定化」を図れるので、ぜひチャレンジしてみましょう。

ブログからの集客も強化しよう

さらに、ブログを使って集客ができるようになると、収入源も多くなるので収益は安定していきます。

  • 商品やサービスを販売
  • メルマガ登録を募集

ブログに読者を多く集めて、上記のような目的を達成していく。いわゆるブログ集客というやつです。

また「ブログとメルマガの違い」で紹介しているように、ブログとメルマガを組み合わせると相乗効果が得られます。ぜひやってみましょう。

ちなみに、ブログ集客が上手くなるとアフィリエイトでも稼げますし、アフィリエイトで稼げるとブログ集客もできます。

そして、メルマガを始めるとき、商品やサービスを売りたいとき、ブログで集客できるようになると超便利。費用対効果についてもブログ集客はとても魅力的です。

ブログ集客のコツ
  • ブログの読者を増やす
  • 集客する目的を決める
  • 目的に沿った記事を書く
  • 読者の導線を決めておく etc

これらのコツについては『ブログ集客ができないときの解決法』でも解説しているので、ブログで集客や販売をする「ブログマーケティング」にも挑戦してみましょう。

ブログで収益化するとき、参考にしている本です

¥1,540 (2022/05/22 18:36時点 | Amazon調べ)
\Amazonタイムセール祭り!/
Amazon
¥1,980 (2022/05/26 22:15時点 | Amazon調べ)
\Amazonタイムセール祭り!/
Amazon
¥1,650 (2022/05/23 07:58時点 | Amazon調べ)
\Amazonタイムセール祭り!/
Amazon