ポイント!
  • YouTubeの動画をブログへ貼る方法は「URL」か「HTML」をブログに載せるだけ。
  • ブログに動画を貼り付けると「ブログの滞在時間」も伸びていきます。
  • 動画は読者の「理解を深める」ことにも役立ち「差別化」にもなるでしょう。

トール

今回のテーマは『ブログへYouTubeの動画を「埋め込む(貼り付ける)」方法』について!

どうもー!トールです(@tooru_medemi

わたしのブログでは「YouTubeの動画を埋め込んだ」記事が、いくつもあります。

いきなり結論を言うと、ブログを書くなら「記事にYouTubeの動画を貼り付けよう」ってことです。

わたしの「ブログ歴」2022.1 現在
  • ブログ歴:約4年半(2017.4~)
  • PV数:月間10万pv(最高20万pv)
  • ブログ収益:月平均20万
  • 記事数:300記事
  • 利用サーバー:エックスサーバー
  • 利用テーマ:賢威

ちなみに、ブログ記事の中にYouTubeの動画を入れるのって、驚くくらい簡単!

  • 他人の動画でも、構いません!
  • もちろん、自分の動画でもOKです!

動画を入れることで『ブログの滞在時間』が長くなる傾向もあるから、やっておいて損はないです。

さらに、SEO的にもブログやサイト内で動画の活用が推奨されていますし、それがオリジナルの動画であれば質の高いコンテンツとして評価されます。

ということで今回は「ブログへ動画を埋め込む方法」について、解説していきます。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

ブログ記事に動画を「埋め込む(載せる)」方法

記事の中に動画を埋め込むと、以下のように表示されます。

【チャンネル登録】お願いします!
動画の解説版はコチラ↓↓↓

 

ブログに動画を貼り付ける方法は「URLを貼る」と「テキストコードを貼る」の2つがあるので、どちらの方法も解説していきます。

動画のURLをそのまま貼る方法

まずは、動画のURLを貼り付ける方法です。

  • 載せたい(埋め込みたい)動画を選択
  • 動画の右下にある「共有」をクリック

  • URLが表示されるので「コピー」をクリック

  • 作成中のブログ記事内で「貼り付け」(ペースト)

このままだと動画が左端に寄った状態なので、中央に表示させたいときは「テキスト」に切り替えて、以下のコードを追加します。

<div style=”text-align: center;”>

https://youtu.be/orTSBEEd2R4・・・

</div>

動画URLの前後に「<div style=”text-align: center;”>」と「</div>」というコードを付け加えるだけです(赤字になった部分)。

これで中央に表示されなかったら、後で紹介する「テキストコード」を使った動画の貼り付け方を参考にしてください。

動画の再生スタート時間を決めておくことも

動画の途中から「再生をスタート」させることもできます。

【例:動画の30秒から再生したい場合】

  • 「開始位置」にチェック
  • 「開始時間」を入力(「0:30」と入力)
  • 「コピー」をクリック

あとは、ブログの貼りたい位置に貼るだけです。

動画のテキストコードを貼り付ける方法

ここからは、動画のURLではなく「テキストコード」を貼り付ける方法です。

  • 「埋め込む」をクリック
  • 「コピー」をクリック

あとは、ブログの「テキストコード」に貼り付ければOK。

この場合も、動画が左端に寄った状態なので、中央に表示させたいときは以下のコードを追加します。

<div style=”text-align: center;”>

<iframe width=”560″ height=”315″ src=”https://www.youtube.com/embed/orTSBEEd2R4″ title=”YouTube video player” frameborder=”0″ allow=”accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture” allowfullscreen></iframe>

</div>

動画のテキストコードの前後に「<div style=”text-align: center;”>」と「</div>」というコードを付け加えるだけです(赤字になった部分)。

先ほどと同様、再生スタートの時間を指定する場合。

  • 「開始位置」にチェック
  • 「開始時間」を入力
  • 「コピー」をクリック

あとは、ブログの「テキストコード」に貼り付けるだけです。

動画の表示サイズを変えたいときは、以下の部分を変えてください。

動画の大きさを変えたいとき
  • テキストコード<iflame width=”560″ hight=”315″… の数字を変えて下さい
  • width:横の長さ
  • hight:縦の長さ

ブログへ動画を「埋め込む(載せる)」メリット

冒頭でも少し触れましたが、ブログに動画を埋め込むメリットはいくつかあります。

最近では、検索結果にブログに貼り付けた動画も「一緒に表示される」みたいです。

検索結果に動画が表示
ブログに「動画を埋め込む」メリット
  • 記事の内容が、さらに分かりやすくなる
  • ブログの魅力を、より伝えることができる
  • YouTubeの再生回数が、自然にアップする
  • ブログの滞在時間が伸び、SEO的に少しは有利
  • 商品やサービスの理解度が高まり、売れやすくなる

記事の中に動画を載せておくことで、読者の理解を手助けすることができます

また、間接的ではありますが「SEO的にも有利」です。

もちろん、ブログのアクセスが増えていけば、必然的に動画の再生回数も増えていくという「相乗効果」も期待できます。

  • 魅力的なサムネイル
  • 見続けてもらえる動画

こういう動画をブログに載せることができれば、ブログもYouTubeもアクセスって伸びていくんです。

わたしもブログに動画を貼っているおかげで、3年経ってもいまだに再生され続けています。

金銭的に余裕があるなら、以下のような「動画制作のオンラインスクール」を利用して、読者に見続けてもらえる動画を作ってみるのもあり。

オンラインスクール特徴
クリエイターズジャパン動画編集ノウハウを「1ヶ月」で学べる。Adobe製品の操作方法を習得することも可能
レバレッジエディットプロの動画編集を完全再現で学べる業界初のカリキュラム。認定クリエイターになれば定期的に仕事ももらえる

※タップして横スクロールで全部見れます

副業にも役立つWebスキルが3ヶ月で習得できるオンラインスクール11校を徹底比較(未経験者でもOK)』でも詳細をレビューしてるので、興味がある人は参考にしてください。

ブログに動画を埋め込めば「滞在時間」もアップ!

YouTubeの動画を埋め込んだ記事は、ページの「滞在時間」が長くなる傾向があります

1記事あたり「2,000~2,500文字」くらいですが、以下のような平均滞在時間です。

滞在時間が「8分」を超えている記事もあって、どれも上位表示されるようになりました。

たとえブログといえど、文字だけでなく動画も活用していくメリットは大きいです。

  • 文字
  • 画像
  • 映像
  • 音声

これらすべてを使って「情報発信」をしていけば、きっと大勢の人に届くでしょうし、ターゲットに突き刺さること間違いなし!

【初心者向け】ブログで稼ぎたいなら動画を最強の武器として使うといいです!』でも触れているんですが、動画の情報量は「文字の5,000倍」とも言われています。

もはや動画を使わない手はないですよね。

YouTubeの動画を「勝手に載せられたくない!」ときの対処法

自分のYouTube動画を「勝手に使われたくないとき」は、以下の設定をするだけです。

  • 動画の編集 ⇒ 「詳細設定」をクリック

  • 「埋め込みを許可」のチェックを外す
  • 「変更を保存」をクリック

「限定公開」にしてる動画など、不特定多数に見られたくない動画を「勝手に使われたくないとき」は、埋め込みを「許可しない」設定にして下さい。

ブログに動画を埋め込むときは「著作権」に注意!

ブログやホームページに「他人が作った動画」を載せたいときは、その動画が「著作権を侵害していないか」に注意して下さい。

  • テレビ番組のコピー動画
  • 音楽を無断使用した動画 etc

こいういった「著作権を侵害」している動画をブログに載せても、直接ペナルティを受けるわけではありません。

しかし共犯」と見なされてペナルティを受けるリスクはありますから、著作権を侵害してそうな動画はブログに載せないようにしましょう。

  • 自分で作った動画を
  • 自分のWebサイトに載せる

基本的にはこれらを意識して、YouTubeの動画をブログに埋め込みましょう!

動画の「載せ過ぎ」にも注意!

YouTube では利用規約を更新し、ウェブサイトと YouTube 埋め込み型プレーヤーの使用方法としてどのようなことが許可されるかを明確にしました。

ブログで時々 YouTube の動画を貼り付けてコメントを付けたり読者に好きな動画を見せたりすること自体は問題ではなく、それが一般向けの広告を含んでいるブログであったとしても YouTube はその行為を禁止しません。

ただし、大量の YouTube 動画を埋め込んだだけで、意図的に広告収入を得ようとするだけのウェブサイトは、利用規約に違反しているものと見なします。

引用元:YouTubeヘルプ

つまり、大量の動画をブログに貼り付け、それで広告収入を得ようとするのはダメ!ということです。

ブログとYouTubeを組み合わせよう

ここまで説明してきたように、YouTubeに投稿した動画は「ブログ」や「ホームページ」などのWebサイトに、簡単に貼り付けられます

しかも、ブログに動画を載せるだけで「ライバルとの差別化」も可能です。

  • イメージしやすい
  • 記憶に残りやすい
  • オリジナリティ

こういったことを意識していくと、ライバルよりも有利になりますし「見込み客」や「ファン」も増えていくので、商品やサービスも簡単に売れるようになっていきます。

あと、YouTubeのチャンネルを運営しているなら、ぜひブログとも連携させておきましょう。

設定方法については『YouTubeチャンネル概要欄の書き方1つで魅力が劇的アップ!リンク設定もしておこう』で解説しているので、ぜひ参考にしてください。

それでは最後になりますが、以下の流れをしっかり作っておきましょう。

  • YouTubeからブログへ
  • ブログからYouTubeへ

「ブログを書いた」それって動画のネタにもなりませんか?

「動画を撮った」それってブログのネタにもなりませんか?

「動画制作」プロの仕掛け52

元テレビ朝日プロデューサーによる映像制作の指南書

動画制作プロの仕掛け52

テレビ業界30年のプロが動画制作の秘訣を大公開撮影だけではなく、編集の「テキスト」「キャッチコピー」「構成」「声」「音楽」「ナレーション」など、類書にはない内容にも言及しています。映像のプロによるYouTube動画の作り方ノウハウが超満載。

これからYouTubeを始めてみたい、YouTubeでバズりたい人におすすめです。

【著者】鎮目博道著者情報はこちら

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場