ワードプレスって難しい!?導入から設定までを簡単に終わらせる方法
ポイント!
  • レンタルサーバー」を利用すれば、簡単にワードプレスを導入できます。
  • 有料デザイン(テーマ)」を購入すると、解説を見ながら詳細設定するだけです。
  • ワードプレスの情報はネット上にたくさんあるので、困ったら検索してみましょう。

トール

今回のテーマは『ワードプレスのブログを簡単に立ち上げる方法』について!

どうもー!トールです(@tooru_medemi

ブログを始めたいけど「ワードプレス(WordPress)」って、なんだか難しそう・・・。

ワードプレスを使って、簡単に「ブログを作ってしまう方法」があるならぜひ知りたい!

わたしの「ブログ歴」2021.11 現在
  • ブログ歴:約4年半(2017.4~)
  • PV数:月間10万pv(最高20万pv)
  • ブログ収益:月平均20万
  • 記事数:300記事
  • 利用サーバー:エックスサーバー
  • 利用テーマ:賢威

そこで今回は、ワードプレスを導入して設定する簡単な方法について、解説していきます。

  • ワードプレスを導入する
  • ワードプレスのデザインを決める
  • ワードプレスの拡張機能を設定する

基本的にはこういった流れで進めていくだけなので、初心者でも全然難しくないんですよ。

ワードプレスを使ってブログを作るには「レンタルサーバー」が必要

ワードプレスでブログを作るには「レンタルサーバー」を契約する必要があります。

毎月の「レンタル料(1,000円程度)」を支払うだけで使えますから、いますぐ手続きをしておきましょう

【結論】ブログ始めたい人必見!おすすめレンタルサーバーはこの2つだけ』でも解説していますが、レンタルサーバーは「エックスサーバー」一択でOKです。

ちなみに、当ブログも「エックスサーバー」を使って運営しています。

エックスサーバーなら、ブログのドメイン(URL)も最初の1年間は「1円」で利用できるのでおすすめ(1年後の更新料は1,300円くらい)。

エックスサーバーの申し込み手順(WordPressクイックスタート)

エックスサーバーの「プラン設定」や「ドメイン作成」など、申し込み手順を解説していきます。

  • 「新規申し込み」をクリック

  • 「プランを選択」する(個人ブログは「X10プラン」でOK)
  • WordPressクイックスタート「利用する」をチェック
  • クイックスタートを利用すると「10日間の無料お試し」なしに

クイックスタートを「おすすめしない」人
  • 「取得済み」のドメイン名を使いたい
  • 「無料お試し期間」を利用したい
  • 「確認しました」をクリック

  • 「サーバーの契約期間」を選択(3ヶ月/6ヶ月/12ヶ月/24ヶ月/36ヶ月)

【注意】初回は「合計金額」の一括前払いでの支払いになります

  • 「ドメイン名」を入力(これがブログの「URL」になります)

ドメイン取得の「料金」
  • 「永久無料」特典:12ヶ月以上の契約期間を選択+自動更新にする必要あり
  • 上記以外のときは「年間1,298円」の更新料が必要になる
  • 「ブログ名」を入力(あとで変更も可能)
  • 「ユーザー名/パスワード/メールアドレス」を入力
  • 「アカウントの登録へ進む」をクリック

このあとは、名前や住所などの登録をしていくだけです。

エックスサーバーを契約したら「即日」で利用できるので、すぐにブログを書くことができます。

「エックスサーバー」公式サイト

有料テーマ(デザイン)を購入して詳細設定をする

エックスサーバーでワードプレスを導入したら、ブログの「デザイン(テーマ)」を決めます。

ワードプレスには無料で使えるテーマが数種類ほど用意されていますし、Webサイト専門の会社から販売されている有料のテーマを使っても大丈夫です。

ここでは「有料テーマ」を購入することを前提に解説していくので、無料テーマを使いたい人は次の項目へと読み進めてください。

ブログの「テーマ」とは!?
  • ブログの外観などを決めるデザイン
  • 有料テーマと無料テーマがある
  • 有料のテーマは機能が充実(SEO的にも有利)

有料のテーマを購入すると、たいていは「アフターフォロー」とか「設定の解説」などが備わっています。

また、それぞれのテーマごとに設定方法が異なる部分もあるので、設定のやり方については購入したテーマの解説に従えばOKです。

基本的に有料テーマ使うと、デザイン面だけでなく「機能面」でもメリット多いので、わたしのブログでは有料テーマだけを利用しています。

教えてもらう(有料)場合自分でやる(無料)場合
短時間で簡単に設定できる設定にかなり時間がかかる
必要な部分だけ設定できる設定が不十分になることがある
最新情報を教えてもらえる調べた情報が最新とは限らない
分からないことを聞ける分からなくても自分で調べるしかない
お金がかかるお金がかからない

※タップして横スクロールで全部見れます

おすすめの有料テーマ3選

ちなみに、当ブログで利用しているテーマは賢威」で、価格はやや高めですが「運用歴と運用実績」はダントツです。

わたしが使ってみた感触も含めてですが、以下の3つのテーマがおすすめ(設定解説ページも充実してます)。

もちろん、これら以外のテーマでも問題ありません。

運用実績はダントツ!

賢威

  • 1ライセンス購入すれば、複数のブログでも使える
  • 「11年以上」の運用歴があり、25,000人以上のユーザーがいる
  • バージョンアップは「無料」でできる
  • 価格:24,800円(税込)

徹底したスマホ表示へのこだわり

STORK19

  • スマホでのブログ表示スピードが速い(SEOには重要)
  • 機能が多過ぎないので、初心者にも扱いやすい
  • 20,000人以上のユーザー実績がある
  • 価格:11,000円(税込)

Web集客のためのテーマ

WordPressテーマ『deer』

  • 余分なデザインや機能を排除し、徹底的に集客へこだわったデザイン
  • 初心者でも直感的に操作しやすいサイト設計
  • サイトの表示スピードをこだわり抜いたテーマ
  • 価格:16,800円(税込)

これらの有料テーマは、アフターフォローとか解説ページなどが、とにかく充実しています。

だから、解説ページに沿って設定していくだけで、ブログで重要な機能の設定はほぼ完了です。

あとは、必要に応じて「拡張機能(プラグイン)」を設定していきましょう。

ワードプレスを使いやすく安全に運用するための拡張機能

ワードプレスで使う「テーマ(デザイン)」を選んだら、セキュリティを強化したり、さらに機能を充実させたりするために「プラグイン」を設定していきます。

  • データバックアップ
  • 外部からの攻撃を防ぐ
  • 画像データを圧縮する
  • お問い合わフォームを作る etc

プラグインという拡張機能を使って、ブログを強化していきましょう。

また、ワードプレスには無数のプラグインが存在しているので、ワードプレス初心者が導入しておきたいプラグインを紹介します。

導入しておきたい「プラグイン」
  • WP Super Cache
  • EWWW Image Optimizer
  • Akismet
  • BackWPup
  • SiteGuard WP Plugin
  • Contact Form 7
  • Broken Link Checker

プラグインを設定するときは、ブログに悪影響が出ないよう慎重に進めることが大切です。

バズ部の『絶対に導入しておきたいWordPressプラグイン7選+8選』を見ながら設定していくといいので、ぜひ参考にしてください。

プラグインの設定が終わったら、あとは記事を書きまくりましょう。

    ワードプレスの情報を自分で調べてみる(応用編)

    ワードプレスの設定方法を「自分で調べる」ことも、のちのち大切になるかもしれません。

    ちなみに、Googleで「ワードプレス_設定方法」と検索すれば、色々な情報が出てきます。

    ワードプレス 失敗しない

    逆に言うと、さまざまな情報があり過ぎるので、ワードプレス「完全初心者」には難しく感じるかもしれません

    • 調べるのに時間がかかり過ぎる
    • どの設定がベストなのか分からない

    ある程度の知識が身につくまでは、今回紹介した方法で設定していきましょう。

    ブログの運営にも慣れてきて、ワードプレスの扱い方も分かるようになったら、徐々にオリジナルのカスタマイズをしていくのもありです。

    とにかく、ワードプレスの設定を終えたら、まずは記事を書いてブログを充実させていきましょう

    ブログ術大全

    プロブロガーが実践する読まれるブログの作り方

    読まれる・稼げるブログ術大全

    月間125万PVを誇るプロブロガーの著者による実践的なブログ指南書。楽しいブログ運営をコンセプトに「楽しい→稼げる」までを教えてくれる。スマホ時代のブログ運営術についても深く言及されています。

    これからブログを始めたい、ブログを始めたばかり、という人におすすめです。

    【著者】ヨス(著者情報はこちら

    参考価格:1,980円(税込)

    ブログやめたい!と頭をよぎったときに読んでほしい「ブログ術大全」を紹介します』では詳しく書評をしているので、よければ参考にしてください。