ポイント!
  • フリーランスだと生活できないのはウソで、しっかり準備しておけば大丈夫です。
  • 収入源を確保しつつ、スキルの勉強や情報発信をしていきましょう。
  • 40歳を超えるとキャリアの分岐点を迎えるので、フリーランスも選択肢の1つ。

トール

今回のテーマは『40歳を過ぎてからでもフリーランスで活動する方法』について!

どうもー!トールです(@tooru_medemi

わたくしごとなんですが、じつは40歳を過ぎてから仕事を辞め、それ以降はまったく未経験の業種にフリーランスとして飛び込みました。

「そんなの危険すぎるだろ」って思われるかもしれませんが、家族とともにいまのところ無事に生活できています。

わたしの「フリーランス歴」2022.3 現在
  • フリーランス歴:約5年(2017.4〜)
  • 主な活動:Webライター、ブロガーなど
  • 仕事獲得:ブログ経由、顧客からの紹介

とはいえ、40歳を過ぎたあたりから「キャリアの分岐点」に差し掛かってきて、会社を辞めたい気持ちもあれば、でも仕事を辞めてしまうのは怖いし、ホント悩みどころですよね。

まず先に伝えておきたいことが1つあって、それはフリーとして仕事をしていくなら「いまの年収以上」を目標にすること。これが大前提です。

だから安易に仕事を辞めたいと思ってるなら、少し立ち止まってください。

  • とりあえず仕事をやめたい
  • フリーだとストレスなさそう

こういう気持ちで仕事を辞めてフリーランスになっても、十中八九は稼げません。

でも逆に「頑張るぞ!」という気持ちがあれば、40代だろうが、未経験だろうが、フリーランスとして活動していくことはできます。

ちなみに、フリーランスになって生活していくには、キーポイントが2つ。

  • 収入源を確保しておく
  • 安定して仕事を受注する

この2つさえ押さえておけば、副業だろうが本業だろうが、安定してフリーランス活動をしていけます。

そこで今回は、わたしのフリーランス生活の経験を踏まえながら「フリーランスの仕事を続けていくコツ」を、お伝えしていきたいと思います。

フリーランスだと「生活できない」はウソ

40歳を過ぎてから会社を辞めたいとか、フリーランスで仕事をしてみたいと思ったとき、まず悩むのが「これから生活していけるのか?」ということ。

お世辞にも若いとは言えないので、転職するにも不利だし、新しいことを始めるにも・・・、わたしもこんな感じでした。

ただ救いだったのは、Web関連の仕事にも興味があったので、隙間時間にYouTubeとかブログとかやってたことです(独学ですが)。

経験上、いまからフリーランスとして仕事をするなら、選択肢は以下の2つのどちらかですね。

  • フリーランスとして独立
  • 副業としてフリーランス活動

なにかスキルや実績があるなら会社を辞めてフリーランスになるのもありですし、スキルも実績もないなら副業としてフリー活動をするほうがいいです。

というのも、収入がなければフリーランスは続かないから

フリーランス活動をしていくなら「収入源の確保」はとにかく重要です(これに尽きます)。

なぜなら、多くのフリーランサーが収入面での不安を抱えながら活動しているから。

フリーランスとして働く障壁

引用:新・フリーランス実態調査2021-2022年版

ですから、最低限「生活できるだけの収入」は確保したうえで、フリーランスに挑戦してください。

  • 本業をしながらフリーランス
  • アルバイトをしながらフリー活動

こんな感じで、兼業フリーランスのようなスタイルがおすすめで、最初からフリーランス一本に絞る必要はありません。

フリーランス以外の仕事で収入源を確保しつつ、徐々にフリー活動を大きくしていくのがベストですね。

ちなみに、わたしのフリー活動歴はこんな感じでした。

  1. 副業としてフリー活動
  2. 会社を辞めて独立
  3. アルバイトをしながらフリー活動
  4. 収入が安定したのでフリーランス一本に

これまでの経験上、フリーランスにとって「スキルは必要不可欠」なので、本業やアルバイトで稼ぎつつ「実力を磨いていけばいい」と思います。

中でも、Webスキルはニーズも高くて人気があるスキルなので、ぜひ身につけておきましょう。

つまり、収入源を保ちつつWebスキルを勉強していく

いずれは「フリーランス一本で飯を食っていける」ように、コツコツと地道にスキルをアップしていきましょう。

ちなみに、スキルアップする方法っていくつかあって、以下の方法がメインです。

  • 書籍やネットなどを使い「独学」でスキルを磨く
  • オンラインスクールなど「プロ」に指導を受ける
  • 無料や格安で仕事を受け「実践」しながら学ぶ

独学でスキルを身につけるメリットは「お金がかからない」ことなんですが、その代わり「時間や労力」がかかったり、間違いに気がつかないなどのデメリットがあるので要注意です。

一方、プロに学ぶと費用はかかるけど1〜3ヶ月の短期間でスキルが身につくし、仕事の取り方なんかも学べちゃいます(費用以上にメリットは多い)。

副業にも役立つWebスキルが3ヶ月で習得できるオンラインスクール12校を徹底比較(未経験者でもOK)』で紹介しているオンラインスクールはリーズナブルに学べるのでおすすめ。

あとは、スキルを学びながら実績を積み重ねていきましょう。

まずはクラウドソーシングの仕事に応募してみる

スキルを勉強しているからといって、すぐに仕事が見つかるわけではありません。

なので最初は、スキルを学びながら「クラウドソーシング」で仕事に応募して、収入をもらいながら経験を積んでいきましょう。

Web系スキルがあれば「在宅ワーク」ができる仕事を選べるので、副業でフリーランス活動をする点でもメリットが大きいです。

基本的には、以下の流れで「収入を得ていく」といった感じ。

  • 外注サイトに登録
  • プロフィールを書く
  • 仕事を探して応募する

こちらの「クラウドワークス」「クラウディア」「ココナラ」 の3つは、未経験者にも手ごろな依頼もたくさんあって「人脈がないうちは重宝する」ので、学びながら収入を得たいなら必ず登録しておきましょう。

他にも、Web系の案件が多い「Bizseek」も、手数料が安いからおすすめですね。

こういったクラウドソーシングで仕事をするために、大切なポイントが1つあります。

とにかく、プロフィールを丁寧に

クラウドソーシングを通して仕事をするには「プロフィール」がとても重要で、最低でも以下のことは載せておきましょう。

  • 「実績」や「経験」
  • 「稼働」ができる時間
  • 「連絡」がとれる時間
  • 「得意」にしてる分野
  • 「運営」している媒体

これを参考にしながらプロフィールを丁寧に書いておくと、びっくりするくらい仕事を受注しやすくなりますよ。

あと『一人で仕事をしたいけど「収入ゼロ」が怖い!まずは3つのことをやりましょう』でも解説していますが、フリーランスとして活動するなら「情報発信」は必須なので、自分の発信媒体も作っていきましょう。

情報発信をしながら「集客の仕組み」を作る

いずれ一本立ちしてフリーランス活動を続けていくなら「情報発信」と「集客」はとても重要なポイントです。

なぜなら、広報活動も営業も、すべて自分でやらなければいけませんから。

情報発信をしながら集客をする」というのは、ビジネスとして当たり前の戦略です。

  • SNS
  • ブログ
  • YouTube

上記のような、個人でも簡単に扱える媒体を使って、情報発信をしつつ「集客の仕組み」を作っていきましょう。

ネット集客の一例
  • SNSで情報発信をしつつ、DMで仕事を受ける
  • ブログで情報発信をしつつ、メールで仕事を受ける
  • メルマガに登録してもらい、メルマガで営業をする
  • YouTubeで情報発信をしつつ、メールで仕事を受ける etc

これらは一例ですが、SNS、ブログ、YouTube、それぞれ組み合わせれば、もっと効率よく集客することができます。

わたしの場合は、ブログを軸にしつつ「SNS」とか「YouTube」も組み合わせながら情報発信をして、仕事の受注はメールで受けるようにしています。

そして、フリーランスが「情報発信をして集客へと繋げる」には、最低限以下のことはやっておきましょう。

  • 「プロフィール」を充実させる
  • 「連絡先」や「問い合わせ方法」
  • 商品とかサービスの「紹介記事」

どれだけ素晴らしい発信をしていても、自分が「仕事を受け付けていること」や「連絡先や問い合わせ方法」を記載しておかないと、フリーランスとしては失格ですから。

ブログの始め方については『ブログ・LP・メルマガ登録ページを作るならワードプレス(WordPress)で!メリットとデメリット、導入手順について』を参考にしてみてください。

もちろん、商品やサービスを作って売るのもあり

自分自身の商品とかサービスを作ったら、SNS、ブログ、YouTube、メルマガなどを使って売っていきましょう。

日頃から情報発信していて信頼関係ができていれば、どんどん売れていくので収入も安定していきます。

  • 自分の作品
  • スキル
  • コンサルティング
  • 知識や情報 etc

いずれはこういったものを販売していくことも、フリーランス活動を続けていくには大切です。

40代になって仕事を辞めたいなら、しっかり準備をしておけばOK

冒頭でもお伝えしましたが、40歳を超えたあたりから「キャリアの分岐点」になってくるので、転職を考えたり、独立を考えたりするひとが増えてきます。

ただ、家族の生活などもあるので「とりあえず我慢して働いている」というのも事実。

副業、兼業にかかわらず、実際にフリーランスをしているひとは「収入が増えている」と実感しているので、副業としてフリーランスを始めるのが良さげですね。

フリーランスの収入に対しての満足度

引用:新・フリーランス実態調査2021-2022年版

ここまでお伝えしてきたように、しっかり順を追っていけばフリーランスでも活躍できるようになります。

  1. 打算的に仕事をやめない
  2. 収入源を確保しつつスキルの勉強
  3. 勉強しながら仕事をこなしていく
  4. 情報発信をしながら集客の仕組み作り
  5. 商品やサービスを作って販売していく

どのような形でフリーランス活動をするにしても「Webスキル」は必要不可欠なので、仕事を辞めてしまう前に身につけておきましょう。

もちろん独学でも大丈夫ですし、短期間で現役プロに学びたいなら下記のオンラインスクールを使うのもありです。

オンラインスクール特徴
FammママwebデザイナースクールWebデザインが学べる「ママ専用」のスクール。1ヶ月間の短期集中コース
SHElikes女性専用。Webデザイン、ライターなど「全20コース」から学びたい放題。無料体験からの受講で「初月無料」
デジハク副業から転職まで、未経験からでも動画編集が1から学べる。無料相談も受付中(随時)
クリエイターズジャパン動画編集ノウハウを「1ヶ月」で学べる。Adobe製品の操作方法を習得することも可能
レバレッジエディットプロの動画編集を完全再現で学べる業界初のカリキュラム。認定クリエイターになれば定期的に仕事ももらえる
#106membersWebライターに特化したオンラインスクール。初心者〜上級者まで各種コースあり。お試し受講もOK
ライタースキル大百科Webライティングが学べるサポート付き教材。180日間はメールやLINEで質問し放題
DMM MARKETING WEBCAMPWebマーケティングが学べる。サポート体制が充実しているのが強み
Wannabe AcademyWebマーケティングの実戦スキルが学べる。転職サポート、学割あり
コードキャンプ(CodeCamp)プログラミングスクール「実績No.1」Webデザインコースもあり
TechAcademyプログラミングのスキルが最短4週間で身につく。Webデザインや動画編集コースもあり
DMM WEBCAMPプログラミング・アプリ開発スキルを最短1ヶ月で修得できる。未経験者率97%以上

※タップして横スクロールで全部見れます

フリーランスで収入が得られるようになると「時間的」にも「収入的」にもゆとりができるので、会社を辞めたいなあと思い始めたら1つの選択肢と考えてみてください。