ポイント!
  • 最低でも「月1〜2回」はメルマガを配信して、読者に関わり続けましょう。
  • 配信回数(頻度)からみた「メリット」と「デメリット」を覚えておくといいです。
  • メルマガ配信で一番重要なのは「読者のニーズ」を満たすことです。

トール

今回のテーマは『利益に繋がるメルマガの配信頻度』について!

どうもー!トールです(@tooru_medemi

メルマガの運営をしていると、やっぱり悩むのが「メルマガを配信する頻度」ではないでしょうか。

わたしもメルマガを始めてから3年以上になりますが、いまだに試行錯誤しながらメルマガを配信しています。

わたしの「メルマガ歴」2021.10 現在
  • 登録者:約1,000人
  • 開封率:平均50〜60%
  • 売り上げ:100万超
  • 運用歴:約3年半(2018.2〜)
  • メール配信スタンド:マイスピー(MyASP)

メルマガの配信頻度とか配信回数って、メルマガ配信者にとっては永遠の悩みだと思うんですよね。

わたしもこれまでに、いろいろな頻度を試しながらメルマガ配信をしてきました。

  • 毎日配信
  • 週2回の配信
  • 週1回の配信
  • 月1回の配信
  • 半年1回の配信

こんな感じで実験的にメルマガを配信していたら、いくつか気づいた点が出てきたんです。

  • 配信頻度によりメリットとデメリットがある
  • メルマガ読者のニーズにより配信頻度は変わる

やっぱりメルマガそれぞれに「ベストな配信頻度がある」ので、それを見つけることがポイント。

ということで今回は、理想的なメルマガの「配信頻度」や「配信回数」について解説していきます。

メルマガは「月1回以上」配信しよう!

まず結論からお伝えすると、最低でも「月1〜2回」はメルマガを配信しましょう。

あくまでもこれは最低ラインで、メルマガの目的や内容によってもっと配信頻度を高くしてもOKです。

ちなみに、オーストラリアの配信スタンド「SmartrMail」によると、利用者の「90%以上」が月に1通以上のメルマガを配信しています

【メルマガの配信頻度】

メルマガの配信頻度

参照:SmartrMail 

上記のデータを見ると、やはり「月1〜2通」が最も多い結果になっています。

わたしの経験でも、メルマガを送り過ぎても、送らなさ過ぎても、あまり良い結果は得られなかったです。

  • 毎日のように配信すると「解除率」が高くなる
  • 半年に1回しか配信しないと「開封率」が下がる

また、先ほどの「SmartrMail」のデータによると、配信頻度が週1〜2回だと「開封率」と「クリック率」が高くなるという調査結果でした。

【配信頻度と開封率】

メルマガの配信頻度と開封率

参照:SmartrMail 

【配信頻度とクリック率】

メルマガの配信頻度とクリック率

参照:SmartrMail 

こういったデータを参考に「週1ペース」を軸にしながら、メルマガの目的によって配信頻度を変えていきましょう

「配信頻度別」メルマガの目的(例)
  • 毎日配信:積極的な価値提供や商品販売(ステップメールなど)
  • 週1配信:読者との関係性を構築する(開封率やクリック率を上げる)
  • 月1配信:読者との関係性を継続する(忘れられないように)

メルマガ登録直後だとか、新商品や新サービスの発売プロモーションだとか、積極的にメルマガ読者と関わりたいときは「毎日配信」するといいです。

また、メルマガの開封率やクリック率を上げていきたいときは「週1通ペース」で配信をしていき、積極的なセールスは行わず読者への価値提供を心掛けましょう。

あまりメルマガを配信できなくても、読者との関係性を保つために最低でも「月1通ペース」で配信してください。

配信頻度から考える「メリット」「デメリット」

適切なメルマガの配信回数を考えるとき、配信頻度ごとの「メリット」や「デメリット」を理解しておくことが大切です。

デメリットが多くなってしまうと、登録を解除されたり、迷惑メールボックスに入れられたり、メルマガ配信者にとってはマイナス面が大きくなってしまいます。

たとえば、以下のようなことが続くと、メルマガが「ウザいなあ」と感じたりしませんか?

  • 毎日送られてくる(配信頻度が高い)
  • 内容がつまらない(読むに値しない)
  • 知りたい情報が送られてこない
  • 毎回のようにセールスしてくる

それでは、配信頻度によってどんなメリットとデメリットがあるのか、ここから解説していきます。

メルマガを毎日配信する場合

メルマガの配信頻度が高いほど、読者へのアプローチ回数は増える一方で「メルマガを登録解除される」可能性も高くなります。

ですから、メルマガを毎日配信することは、いわば「諸刃の剣」とも言えるでしょう。

毎日配信の「メリット」
  • 読者へアプローチできる回数が増える
  • 読者の教育がしやすい
  • 信頼関係を築きやすい
  • 販売するチャンスが多い
毎日配信の「デメリット」
  • メルマガを解除されやすい
  • 情報の内容が薄くなりやすい

読者がメルマガに興味を持ってくれている「登録直後」であれば、毎日メルマガを配信しても解除されることは少ないです。

たとえば、あらかじめステップメールの仕組みを作っておいて、メルマガ登録直後から毎日配信をして「商品を販売する」やり方もあります。

登録直後「ステップメール」毎日配信
  1. メルマガに新規登録
  2. 数日間メルマガを自動配信
  3. 一気に信頼関係を高めていく
  4. 商品やサービスを販売する

他にも、新商品や新サービスを発売するとき、販売プロモーションの一環として一定期間「メルマガを毎日配信」するのもありです。

ただ、こういった配信をするとメルマガの「解除率」が高くなってしまいます。

ですから、プロモーションなどでメルマガを使いたいときは、普段のメルマガ配信でしっかりと価値提供をして「読者との信頼関係」を築いておきましょう。

「プロモーション」時に毎日配信
  1. 普段から価値あるメルマガを配信する
  2. 読者との信頼関係を高めておく
  3. 新商品などの販売プロモーションをする
  4. メルマガ解除率も減らせて利益も上がる

メルマガで稼げない最大の理由とは!?メルマガで稼ぐ仕組みを理解すれば収入アップできます』でも解説しているように、メルマガでは価値提供とセールスの割合を「8:2」くらいにするのがベストです。

ステップメールにしろ、プロモーションにしろ、メルマガで商品やサービスを販売するときは「カード決済機能」があるメルマガ配信スタンドを使うと、とてもスムーズにセールスすることができます(分割払いなど)。

以下の2つの配信スタンドは、カード決済機能を含めて多機能にもかかわらず「リーズナブル」な料金設定だからおすすめです。

メール配信スタンド特徴
マイスピー(MyASP)★イチオシ!多機能で使いやすく、クレジットカード決済機能、LINE連携機能もあり。お試しプランあり
メール商人おすすめ!30日の無料お試し期間あり(全機能の利用可)。全プランでメール配信は無制限。オンラインによる個別相談会あり

※タップして横スクロールで全部見れます

初心者向け!メルマガ配信スタンドの選び方+おすすめ7選【わたしの一押し配信スタンドも紹介します】』でも詳しく解説しているので、よければ参考にしてください。

メルマガの配信が「月1回未満」の場合

メルマガの配信頻度が少ないと、やはりデメリットの方が目立つようになってしまいます。

冒頭でもお伝えしましたが、メルマガを運営するなら「最低でも月1回は配信」するようにしてください。

配信頻度が少ない「デメリット」
  • 読者に忘れ去られる
  • 信頼関係が構築できない
  • メルマガを開封してもらえない
  • 迷惑メールにされる恐れがある
  • そもそもメールが届かなくなる

配信頻度が少ないメルマガ最大のデメリットは、やっぱり「読者に忘れられてしまう」ということ。

メルマガの存在を読者に忘れられてしまうと、もはやメルマガで利益を上げるのは不可能です。

ですから、月に1〜2回くらいはメルマガを配信して、読者に対して何らかの価値提供をしていきましょう。

配信目的や登録時期を考えてメルマガ配信頻度を決める

ここまでの内容を踏まえて、メルマガの配信頻度をどう決めればいいのか考えていきましょう。

まず、メルマガの「配信目的」は何ですか?

  • 情報発信か?
  • セールスか?

次に、メルマガの「登録時期」はいつですか?

  • 登録されたばかり?
  • 登録から時間が経っている?

こうやって「目的」や「時期」によって配信頻度を考えていくといいです。

いずれにしても、利益に繋がるメルマガというのは「配信頻度が多くなる」という傾向があります。

メルマガ頻度と経過日数

「経過日数」と「配信頻度」
  • メルマガ登録直後:配信頻度を多くして、価値提供やセールスをする
  • 登録して時間が経つ:配信頻度を落としつつ、信頼関係を構築する(セールス時は頻度を上げて配信)

こういったことを踏まえて、わたしは以下のような目安で配信頻度を決めています。

  • 利益を上げたい:短期間だけ毎日配信
  • ブランディング:週1回の配信
  • 繋がりを保つ:月1回の配信

目的に応じて配信頻度を変えていくと、メリハリがあって飽きられないメルマガになりますよ。

あとは、読者のニーズを満たしていきながら、利益率の高いメルマガに育てていきましょう。

ニーズを満たして利益に繋がるメルマガを作ろう

メルマガで利益を出していくためには、もちろん「読者のニーズ」を満たしていく必要があります。

この読者ニーズを満たすことこそ、メルマガ本来の目的でもあるからです。

もしも、メルマガで配信するネタに困ったら「読者に聞く」のがベスト。

たとえば、Googleフォームを使って「アンケート」をやってみるのもありです(Googleフォームはとても便利)。

あとは、お悩み相談とか質問募集とか、具体的なニーズを汲み取るのも効果的です。

こうやって色々な手段を使いながら、読者のニーズを満たせるようなメルマガを配信していきましょう。

「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。

文章のプロたちによる「伝わる書き方」のエッセンス

「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。

現役のプロライターが名著100冊に共通するエッセンスを抽出。相手に伝わる文章の書き方で大切なポイントが、ランキング形式で40個紹介されています。ビジネス文書、ブログ、メール、SNSなど、幅広い用途で活用してみてください。

メールやブログでの文章力を磨きたい、ビジネス文書を書きたい人におすすめです。

参考価格:1,650円(税込)