ポイント!
  • 個人ブログにおすすめの「レンタルサーバー」を2つ紹介していきいます。
  • 処理スピードなどの機能性はもちろん「バックアップ」などの信頼性も重要なポイント。
  • レンタルサーバーを選ぶなら「エックスサーバー」の一択でOK。

トール

今回のテーマは『個人ブログにおすすめ「レンタルサーバー2選」』について!

どうもー!トールです(@tooru_medemi

ブログを始めるとき「レンタルサーバーが必要」って聞くけど、なんのことかよく分からないって相談を、ときどき受けたりします。

または、ブログを開設するにあたり「どのレンタルサーバーを選べばいいの?」っていう質問も、意外とよくあるんです。

そもそもブログを始めるにあたって、なぜ「レンタルサーバー」が必要なのでしょうか?

わたしの「ブログ歴」2022.4 現在
  • ブログ歴:約5年(2017.4~)
  • 月間PV数:最高20万pv
  • 運営中ブログ:3つ
  • 記事数:300〜400記事くらい

わたしは「エックスサーバー」というレンタルサーバーを利用してから5年以上になるんですが、これからブログを始める人にも安心してお勧めできるレンタルサーバーです。

ちなみに、安心して利用できるレンタルサーバーというのは、この3つのポイントで判断できます。

  • 信頼性(トラブルがない)
  • サイトの表示速度が速い
  • 自動バックアップ機能

このような観点から、これからブログを始めてみたい人に「おすすめできるレンタルサーバー」が2つあるので、この記事の中で紹介していきます。

しかも、レンタルサーバーの選び方ひとつで、ブログの「アクセス数」とか「売り上げ」も大きく変わってくるので、どのレンタルサーバーを利用するのかはとても重要です。

また、ブログで成果を出す秘訣を『ブログの始め方と賢い運用方法』でも解説しているので、ぜひこちらも併せて参考にしてください。

ブログ開設に欠かせないレンタルサーバーとは

ブログを開設するときに欠かせないのが、ブログのデータを保存しておくための「サーバー」です。

つまり、ブログを見るというのは「サーバーに保存されたデータ」にアクセスするということなので、サーバーが無いとブログを開設することができません。

ブログのデータはサーバーに保存されている

このブログデータを保存しておく「サーバー」を自分で用意するには、専用のコンピューターの準備、保守管理、セキュリティ対策、こういったことをすべて自分でやる必要があります。

一方、今回紹介する「レンタルサーバー」を利用すれば、すべてをサーバー運営会社がやってくれるのでとても便利です(サーバーをレンタルするだけ)。

「レンタルサーバー」のメリット
  • とても低価格で利用できる(月1,000円くらい)
  • 申し込みをした後、すぐに使える
  • 保守管理、セキュリティ対策など全てやってくれる

このように、レンタルサーバーはとてもリーズナブルに利用できるので、ブログを開設する人のほとんどが使っています。

ちなみに、このブログは「エックスサーバー」というレンタルサーバーを利用して運営中です。

しかし、このレンタルサーバーというのは「1台のサーバーを複数人で借りている」状態なので、万が一、利用者の1人にアクセスが集中すると「自分のブログにも影響」が出てしまう可能性もあります。

アクセスが集中すると共有サーバーの処理速度がダウン

これが唯一、レンタルサーバーのデメリットとも言えるんですが、実際はこのような状態になることは滅多にありませんし、わたしもブログを5年以上やってますが、こういった経験は一度もないです。

ということで、ブログを開設するにはコスパ的にも「レンタルサーバー」を利用するのがベストなので、あとはどのサーバー運営会社を選ぶかがポイントになります。

ブログおすすめのレンタルサーバーは「2つ」だけ

結論から言うと、ブログを始めるときに選ぶべきレンタルサーバーは「エックスサーバー」か「mixhost 」のどちらかです。

なぜなら、この2つのレンタルサーバーなら「サイトの表示速度が速い」というメリットがあるのと、あとは無料で「データの自動バックアップ」と「データ復元」ができるから。

それでは、この2つのレンタルサーバーを比較してみます。

エックスサーバーmixhost
月額費用1,320円(3ヶ月契約の場合)
990円(36ヶ月契約の場合)
1,518円(3ヶ月契約の場合)
968円(36ヶ月契約の場合)
初期費用無料無料
自動バックアップWeb・メールデータ:7日分
MySQLデータベース:14日分
14日分バックアップ
データ復元無料無料
無料ドメインありあり
ワードプレス導入簡単インストール簡単インストール
複数のブログ開設
アダルトサイト開設×
お試し期間10日間なし
(30日間の返金保証あり)
「エックスサーバー」公式サイト「mixhost」公式サイト

※タップして横スクロールで全部見れます

どちらのレンタルサーバーも内容的にはほとんど変わらないんですが、エックスサーバーは定期的にキャンペーンをしていて「初期費用が無料」になることもあれば「月額費用が割引き」になることもあるので、実のところ結構お得です。

ちなみに「mixhost」では、アダルトサイトの開設がOKという特徴があります(エックスサーバーは禁止)。

なので、アダルトサイトを運営したいなら「mixhost」を、普通にブログをやりたいなら「エックスサーバー」を選んでおけば間違いないです。

ブログを始めるにあたり「エックスサーバー」を選んだ理由

結局、わたしはブログを始めるときに「エックスサーバー」を選択したんですが、以下の3つのポイントに着目してレンタルサーバー選びをしたんです。

  • サーバーの信頼性
  • サイトの表示速度
  • バックアップ機能

こういった視点からエックスサーバーを見てみたら、次のような感じだったので即決しました。

「エックスサーバー」を選んだ理由
  • 運用実績18年以上
  • 国内シェア第1位
  • サイト表示速度が国内トップクラス
  • 自動バックアップ機能あり
  • 無料でデータ復元ができる

それでは、もう少し詳しく見ていきましょう。

ブログの表示速度が速い(SEO的にも有利)

次に「サイトの表示速度が速い」という点も、安心してエックスサーバーを利用できる理由の1つ。

というのも、サイトの表示速度というのは「ブログのアクセス」や「売り上げ」に直結するからです。

サイト表示が0.1秒遅くなると、売り上げが1%減少し、1秒高速化すると10%の売上が向上する。

引用元:Amazon(Web experiments generate insights and promote innovation.

  • 表示速度が1秒から3秒に落ちると、直帰率は32%上昇する。
  • 表示速度が1秒から5秒に落ちると、直帰率は90%上昇する。
  • 表示速度が1秒から6秒に落ちると、直帰率は106%上昇する。
  • 表示速度が1秒から10秒に落ちると、直帰率は123%上昇する。

引用元:Google(Find out how you stack up to new industry benchmarks for mobile page speed

上記のように「Googleの公式データ」によると、ページの表示速度が下がるにつれて「途中でブログを読むのをやめる人が多くなる」という事実もあります。

ですから、読者がブログの記事を「クリックしてからページが表示される」までのスピードというのも、レンタルサーバー選びにはとても重要なんです。

BLOG BOOT CAMP」さんの実測データによると、以下の結果になっていました(2022年)。

レンタルサーバー平均応答速度
ConoHa WING0.345(秒)
ロリポップ0.352(秒)
エックスサーバー0.357(秒)
mixhost0.389(秒)
カラフルボックス0.394(秒)
さくらのレンタルサーバー0.786(秒)

上位5つのレンタルサーバーではほとんど差がないので、スピード的にはどれも変わらないと思ってよさそうです。

そして、レンタルサーバーではバックアップ機能も大事なポイント。データが消失したら、それこそ悪夢ですからね。

自動バックアップ機能がある(データ復元も無料)

3つ目のポイントは、ブログデータの「バックアップ機能」が標準装備されているという点で、この機能があると精神的にもかなり安心して利用できます。

ブログのアクセスが伸びてきたり、売り上げが増えてくるにつれて、ほとんどの人が「ブログのデータが消えてしまったらどうしよう・・・」って思うようになるので(わたしもそうです)。

エックスサーバー、mixhost、ConoHa WING、これらのサーバーは自動バックアップとデータ復元が標準装備されています。エックスサーバーだと、以下のとおり。

  • 1日1回の自動バックアップ(無料)
  • 過去7日間のデータ保存
  • データの復元(無料)

わたしがエックスサーバーを利用していて、唯一おしいなあと思っていたのが「データの復元に料金が必要」という点だったんですが、2020年9月24日から「データ復元も無料」になりました!(5,000円 → 無料)

このバックアップ機能があるおかげで、あの「データが吹き飛んだらどうしよう」という不安からも解放されるわけです。

ちなみに、ロリポップだと自動バックアップやデータ復元に「別途費用」が必要になるので、わたしは選択肢から除外しました。

では、信頼性という点ではどうなのか、これも見ていきましょう。

国内シェア「No.1」であり、運用歴18年以上

まず、わたしがエックスサーバーをなぜ使っているのかというと、機能面はもちろん様々な点で信頼性が高いからです。

  • 国内シェアNo.1
  • 190万以上のサイトが利用
  • 18年以上の運用歴
  • 大きなトラブルが無い

こういった点から、エックスサーバーの信頼性はとても高いですし、大きなトラブルが無いことも安心材料の1つ。

それこそ、大規模なトラブルが頻発したり、長時間トラブルが続いたり、こうなるとブログにとって大きな痛手となりますから。

サーバーに「トラブル」が起きると
  • アクセスが落ちてしまう
  • 売り上げが減ってしまう
  • 不正アクセスのリスクがある
  • データを消失する恐れがある
  • データを盗まれる危険がある

脆弱なサーバーを利用していると、常にこのようなリスクと隣り合わせなので、過去に大規模な障害が起きていないサーバーを選ぶというのはとても重要です。

もちろん、大きなサーバートラブルがないということも、多くのブロガーが「エックスサーバー」を利用する理由の1つですし、一般にもサーバートラブルなどを情報開示していて、こういった面でも信頼性があります。

ちなみに、ConoHa WINGだと以下のようなことがあって、信頼性ではイマイチです。

  • 一般向けに情報開示していない(障害が無いと思わせたい)
  • 障害を受けた会員にしか連絡がない(他の会員に知られたくない)

またSNSなどの口コミを見ると、サーバートラブルが多いとか、サポートの対応が悪いといった意見が、ボチボチと見受けられました。これでConoHa WINGは、選択肢から除外となりました。

裏を返せば、エックスサーバーのように一般向けに情報開示しているというのは「サーバー機能に自信がある」証拠ですし、透明性もあるので安心して使えます。

ここまで紹介してきたように「サーバー運用の実績」「サイトの表示速度」バックアップ機能」といった3つのポイントから、迷ったらエックスサーバーの1択でOKです。

>>>「エックスサーバー」の詳細はこちら

レンタルサーバーを選んだら「ドメイン」を決めて「ワードプレス」を設定

レンタルサーバーを契約したら即日で利用できるので、あとは「ドメイン」を決めて「ワードプレス」を設定しましょう。

  • ドメイン:ブログのURL
  • ワードプレス:簡単にブログが作成できるソフトウェア

ドメインとは「ブログのURL」のことで、ブログを開設するときに必要になるものです。

ちなみに、このブログのドメインは「https://write-sentence.org/」になっていて、ブログの内容に関連したドメイン名にしました。

また、エックスサーバーを利用すれば「永年無料でドメインを作れる」んですが、以下の条件があるので注意が必要です。

エックスサーバーで「無料ドメイン」が作れる条件

  • 「12ヶ月以上の契約期間」を選択して支払いをする
  • 「自動更新設定」を有効化する

こういった条件でサーバーの契約をしたくないときは、たった「1円」支払うだけでエックスサーバーでドメインも作ることができます。

2年目以降の更新料は「1,300円」程度かかるので、注意しておきましょう(1年目は1円で利用可)。

ドメイン名を決めたらエックスサーバーに登録して、あとは「ワードプレス」をサーバーにインストールするだけ。

ブログを作る流れ
  1. レンタルサーバーを契約する
  2. ドメイン名を決めて登録する
  3. ワードプレスをインストールする
  4. ブログのデザインを決める(無料/有料)
  5. ワードプレスの各種設定をしてブログを書く

エックスサーバーの申し込み手順

エックスサーバーの「プラン設定」や「ドメイン作成」など、申し込み手順を解説していきます。

  • 「新規申し込み」をクリック

  • 「プランを選択」する(個人ブログは「スタンダードプラン」でOK)
  • WordPressクイックスタート「利用する」をチェック
  • クイックスタートを利用すると「10日間の無料お試し」なしに

クイックスタートを「おすすめしない」人
  • 「取得済み」のドメイン名を使いたい
  • 「無料お試し期間」を利用したい
  • 「確認しました」をクリック

  • 「サーバーの契約期間」を選択(3ヶ月/6ヶ月/12ヶ月/24ヶ月/36ヶ月)

【注意】初回は「合計金額」の一括前払いでの支払いになります

  • 「ドメイン名」を入力(これがブログの「URL」になります)

ドメイン取得の「料金」
  • 「永久無料」特典:12ヶ月以上の契約期間を選択+自動更新にする必要あり
  • 上記以外のときは「年間1,298円」の更新料が必要になる
  • 「ブログ名」を入力(あとで変更も可能)
  • 「ユーザー名/パスワード/メールアドレス」を入力
  • 「アカウントの登録へ進む」をクリック

このあとは、名前や住所などの登録をしていくだけです。

エックスサーバーを契約したら「即日」で利用できるので、すぐにブログを書くことができます。

ということで、ブログを始めるなら「エックスサーバーの1択でOK!」ということを、最後にお伝えしておきます。

>>「エックスサーバー」の詳細はこちら

最後になりますが、ブログで成功するための流れを『ブログの始め方と賢い運用方法』でまとめて解説しているので、よければ参考にしてください。