売れるLPに仕上がる「新PASONA(パソナ)の法則」とは!?ランディングページの基本はコレ
ポイント!
  • 新PASONAの法則は、強力な効果がある「セールスライティング」の1つです。
  • 商品やサービスの「ランディングページ」で使われることが多く、読者の「悩みの掘り起こし」に特徴があります。
  • 長文になる傾向が強いので「メルマガ」などに応用してもOK。

トール

今回のテーマは『強力なセールスライティング「新PASONAの法則」』について!

どうもー!トールです(@tooru_medemi

売れる「ランディングページ(LP)」の書き方にはいくつかテクニックがあって、今回紹介する「新PASONAの法則」はその代表的なものです。

わたしも「ここぞ!」というときには、新PASONAの法則を応用しながら文章を書いています。

わたしの「Webライター歴」2021.10 現在
  • Webライター歴:約4年半(2017.4〜)
  • 主な活動:Webライター、自社ブログ(2つ)
  • 主な執筆先:接骨院、派遣会社など
  • 執筆本数:年間150記事ほど

ランディングページ以外にも、ブログやメルマガで商品を売りたいとき、この「新PASONAの法則」を使って文章を書くことが多いです。

ということで今回は、商品やサービスを比較的長い文章で紹介するときに役立つ「新PASONAの法則」を解説していくので、モノやサービスを売りたいときにぜひ活用してみてください。

今回紹介する「新PASONAの法則」以外のテクニックについても『売り上げ10倍アップ!セールスライティング「7つの型」を使って売れる文章を書こう』で紹介しているので、よければ参考にしてください。

新PASONAの法則とは「商品やサービスを売るための文章術」

新PASONAの法則とは「6つの要素」から構成される文章の書き方で、ランディングページやセールスレターなどに使われることが多いテクニックです。

というのも、この法則には「読んだ人を駆り立てる」という強力な効果があるからで、これまでに総額100億円の成果があったとも言われています。

「新PASONAの法則」の構成要素
  • 潜在的な問題や悩みを明確化(Problem)
  • 悩みに共感したり事例を挙げる(Affinity)
  • 悩みに対する解決方法を提示(Solution)
  • 商品やサービスの導入を提案(Offer)
  • 期間や対象を絞り込む(Narrow down)
  • いますぐ行動を呼びかける(Action)

これが「新PASONAの法則」による文章の流れで、簡単な例文だと以下の感じになります(具体例は後述)。

  • P:画像が乱れるオンライン会議の経験はありませんか
  • A:音声や画像がフリーズするとストレスですよね
  • S:ネット環境を改善するだけでストレスフリーに
  • O:光回線を導入すればオンライン通信も安定します
  • N:今月中の新規契約でキャッシュバックがあります
  • A:いますぐ光回線に申し込んでスムーズな会議を!

こんな感じで、相手の「潜在的な悩みや問題」を明確にすることから始まるので、何気なく読んだ人でも「ついつい買ってしまう」ということがあります。

ちなみに、以下の「note」の無料部分は、この新PASONAの法則を意識して書きました。
↓↓↓
ブログを始めたけど稼げない!?まずはブログで「月5万」の稼ぎ方を覚えよう!』(一部無料で読めます)

「note」で新PASONAの法則を使ってみた
  • なぜ「ブログで稼げないのか」路頭に迷ってませんか(悩みの明確化)
  • 稼げない「もどかしさや不安」をわたしも経験してきました(悩みを共感)
  • 自分のブログを分析して「キーワード選び」や「文章の書き方」を学ぶ(解決策を提示)
  • 「note」に書いてある月20万の収益を出しているノウハウを実践する(解決法の導入)
  • ブログで月5万以上を稼ぎたいなら「いますぐ購読」を(絞り込み → 行動)

このように、ランディングページとかセールスレター以外にも、じっくり読んでくれる相手に対しては「効果的な文章の書き方」なので、いろいろな場面で応用することもできます。

つまり、購買意欲よりも「読みたい」という気持ちが、相手にあるかどうかがポイントです。

新PASONAの法則:まだ「購買意欲が低い」人にも効果がある

新PASONAの法則で特徴的なのは、冒頭部分で読者の「悩み」や「問題」を明確にしてもらうことです。

なぜなら、いわゆる「ぼんやりとした悩みや問題」をしっかりと認識してもらうことで、他人事ではなく「自分事」として読み進めてもらえるから。

なので、自分の悩みや問題を「まだ明確に理解していない」という読者も、ターゲットとして含めることができます。

「悩みの明確化」と「購買意欲」の関係
  • まだ悩みが「ぼんやり」している:購買意欲「低」
  • 悩みが「明確」になってきている:購買意欲「中」
  • すでに「解決策」を理解している:購買意欲「高」

このように、悩みがぼんやりしている人ほど「購買意欲は低い」傾向があり、いくら良い商品であったとしても、この状態のときにセールスしたら「売れる可能性は皆無」です。

たとえば、自分が太っていると思っていない人に、あの「ライザップ」を紹介したところで、絶対に入会してもらえないですよね。

でも、この「新PASONAの法則」を使って文章を書けば、その文章の中で購買意欲を高めていくことができます(以下の流れで)。

Step1:悩みや問題を「明確化」させて、購買意欲を引き出す

まず最初に、自分の悩みや問題が「明確になっていない」人を想定しながら、はっきりと悩みや問題を自覚してもらうことから始めます。

そうすることで、文章を先に読み進めてもらうことができるから。

このときに大切なのが、あらゆる表現や手段を使って、読者自身の悩みや問題を「明確化」していくことです。

  • 自分の体験とか経験を語る
  • Yahoo知恵袋から引用
  • SNSの投稿から探す
  • 写真や動画で表現
  • イラストを使う etc

こんな感じのことをすれば、読者は悩みや問題を具体的にイメージしやすくなるので、おすすめです。

まだまだ「購買意欲は低い」状態ですが、その先が気になり始めて読み進めてくれるようになります。

Step2:悩みや問題の「解決策を提示」しながら、購買意欲を高める

次に、読者の悩みや問題について「共感」しながら、それに対する「解決策を提示」していきましょう。

そうすると、その解決策に興味を持ってくれるようになり、読者の購買意欲も徐々に高まっていきます

さらに、信頼できそうな解決策であればあるほど、購買意欲は高くなりやすいです。

  • 数値などのデータを使う
  • 口コミや体験談を引用する
  • 画像や動画を使って表現する

こういったことをしながら、いかにして読者に信用してもらえるかがポイントなので、できる限りのあらゆる手段を使いましょう。

なぜなら、ここで読者からの信頼感を高めておけば、以降の流れに拍車をかけられるからです。

Step3:具体的な「解決策の導入」を提案しつつ、購入につなげる

さらに、具体的な「解決策(いわゆる商品・サービスなど)」を紹介していきます。

ここまで興味を持って読んでくれる読者というのは、かなり「購買意欲が高く」なってきているので、商品やサービスの魅力を存分に伝えるといいです。

  • 機能
  • 価格
  • 特典
  • メリット
  • お客様の声 etc

こんな感じで、商品やサービスの良さをしっかりアピールしていけば、購入してくれる確率はグッと高くなっていきます。

ここで手を抜いてしまうと、せっかく読み進めてくれた読者の期待を裏切ることになってしまうので、あらゆる角度から商品やサービスの魅力を伝えてください

新PASONAの法則を使った文章(具体例)

それでは、ここからは「新PASONAの法則を使った文章の具体例」を挙げていきたいと思います。

その前に、新PASONAの法則の特徴を、もう一度おさらいしておきましょう。

「新PASONAの法則」


【Problem:悩みの明確化】

  • 読者の潜在的な「悩み」や「問題」を明確にしていく
  • 具体的に読者がイメージできるように表現を工夫する


【Affinity:親近感】

  • 読者の悩みや問題に対して「共感」をしていく
  • 「ストーリー」とか「五感」を使ってイメージしやすくする


【Solution:解決策の提示】

  • 悩みや問題に対する「解決策」を提示していく
  • 数値やデータ、画像などを用いて信用を得ていく


【Offer:商品やサービスの提案】

  • 「商品」や「サービス」の導入を提案する
  • 価格や機能、お客様の声など、商品やサービスの魅力も伝える


【Narrow down:絞り込み】

  • 商品やサービスを使ってもらいたい人を限定する
  • 販売期間(割引期間)を限定するのもあり


【Action:行動の呼びかけ】

  • 購入を後押しする(特典とかキャンペーンなどは効果的)

ここでは具体例として、以下の感じで「Web専門スクール」というテーマについて、新PASONAの法則で文章を書いてみました。

こんなご時世だからこそ、在宅でできる仕事をしたいとか、テレワークができる環境で働きたい、そう思ったことありませんか(明確化)

しかも、自宅で仕事をすることって「感染対策」にもなりますし、わたし自身の経験上、何よりも通勤のストレスは無くなるし、通勤にかかってた時間を有効活用できます(親近感)

そして、国土交通省のデータによると、テレワークをしている人は「19.7%」と右肩上がりになっていて、在宅ワークをするには「ITスキル」を身につけることが、一番の近道です。

  • Webデザイン
  • プログラミング
  • Webマーケティング

こういったWeb関連のスキルを身につけておくと、就職・転職、副業などにとても有利ですし、もちろんフリーランスで働くこともできます(解決策)

上記のようなWebスキルを学べる場の1つとして「インターネット・アカデミー」というものがあり、以下のような内容です。

  • オンラインで学べる
  • 現役のプロが講師
  • 卒業生30,000人以上
  • 就職や転職のサポート
  • 補助金あり(受講料の最大70%)etc

Web制作会社が運営しているスクールなので、実績・内容ともに抜群!(提案)

初心者・経験者に関係なく「Web/IT業界で活躍できるスキル」を身につけたい人におすすめです(絞り込み)

いまなら「無料カウンセリング」を受けられるので、まずは無料相談を(行動)

本来なら「じっくりと長い文章」で伝えるテクニックなんですが、ここではイメージを掴んでもらうため端的にまとめました。

実際に「新PASONAの法則」を活用するときは、ストーリー性をもたせたり、データや事例を使ったり、画像や動画を載せたりすると、とても効果的です。

こんな感じで、Webライティングで稼いでみたくなったら『副業にも役立つWebスキルが3ヶ月で習得できるオンラインスクール11校を徹底比較(未経験者でもOK)』の中でも紹介している「ライタースキル大百科」を使ってみるのもありだと思います。

メルマガで商品を紹介したいときにも「新PASONAの法則」を使ってOK

今回紹介した「新PASONAの法則」という文章の書き方は、読み応えのある長い文章によって「読者の購買意欲を駆り立てる」が特徴です。

なので、ターゲットとなる読者層を決めるときも、ある程度の幅を持たせることができます。

  • 悩みがぼんやりした人
  • 悩みをどうにかしたい人
  • 悩みをすぐに解決したい人

このような、読者の「悩みの深さ」というのはあまり気にせず、幅広くターゲッティングをしても大丈夫です。

そして、長文になっても読んでくれやすい「メルマガ」などでも効果を出しやすいので、メルマガでセールスをするときにも使ってみてください。

メルマガをやってみたい人は『初心者でも簡単にできるメルマガの始め方【完全版】大切なポイントはたった2つ』が参考になると思います。

ということで、商品やサービスのセールスをするなら、一度は「新PASONAの法則」を使ってセールスレターを書いてみるのもいいですよ。

稼ぐ言葉の法則「新PASONAの法則」

日本一のマーケターによる「売れる公式」

稼ぐ言葉の法則「新PASONAの法則」

著者が開発したPASONAの法則が「新PASONAの法則」として書籍化。稼ぐ言葉を見つける「5つの質問」と「新PASONAの法則」で売る力が身につけられる。3部構成になっていて、Webマーケティング初心者にも読みやすい内容。

検索されやすい記事を書きたい、Webライティング初心者におすすめです。

参考価格:1,650円(税込)