ポイント!
  • CREMAの法則は「相手の気持ちを後押し」できる文章のテクニックです。
  • 読者のターゲットを絞って書くので、比較的「短くまとめる」ことができます。
  • ブログ」や「メルマガ」などにも使えるので、ぜひ活用してみましょう。

トール

今回のテーマは『読者の気持ちを変えられる「CREMAの法則」』について!

どうもー!トールです(@tooru_medemi

ここ数年でよく見かけるようになった「メルマガに登録して無料プレゼントをゲットしよう!」とか「登録無料でダウンロードできます!」といった、いわゆる「無料オファー」。

こういったものって、もはやインターネット上にはあふれているから、この「無料」という言葉だけでは「相手の心を動かせない」というのが現実なんです。

そんな時代だからこそ、わたしは無料オファーをするときに「CREMAの法則」を使って、読者の気持ちを動かすように心がけています(効果抜群)。

わたしの「Webライター歴」2022.1 現在
  • Webライター歴:約4年半(2017.4〜)
  • 主な活動:Webライター、自社ブログ(2つ)
  • 主な執筆先:接骨院、派遣会社など
  • 執筆本数:年間150記事ほど

たとえば、メルマガ登録をしてもらうための「オプトインページ」だとか、ブログで低価格のアフィリエイトするときにも、この「CREMAの法則」を使って文章を書くことが多いです。

「オプトインページ」とは、メルマガ登録の入力フォームを設置したページのことで、通常、メルマガ登録への同意を得たりとか、登録するメリットなどが記載してあります。

ということで今回は、長文が好まれない場面で大活躍する「CREMAの法則」について具体例を挙げながら解説していくので、よければ最後までお付き合いください。

また、CREMAの法則を含めた基本的なライティングテクニックを『売り上げ10倍アップ!セールスライティング「7つの型」を使って売れる文章を書こう』で解説しているので、ぜひこちらも参考にしてください。

¥1,540 (2022/01/13 14:40時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

CREMAの法則とは「相手の気持ちを後押しする文章テクニック」

CREMAの法則とは「5つの要素」で構成される文章の書き方で、先ほど紹介したオプトインページだとか、無料商品とか低価格商品のアフィリエイトなど、文章をなるべく「短くまとめたい」ときに有効なライティングのテクニックです。

ちなみに、この「CREMAの法則」に似たライティングのテクニックに「PREP法」と「新PASONAの法則」というものがあるんですが、下記のようなメリットとデメリットがあります。

  • PREP法:分かりやすい文章に仕上がるが、行動を起こしてもらうには押しが弱い
  • 新PASONAの法則:読者の購買意欲を掻き立てることができるが、文章が長くなる

ですから、商品を買ってもらうわけじゃないけど「行動は起こしてもらいたい」というときに、比較的短くまとめられる「CREMAの法則」を役立ててください。

PREP法/新PASONAの法則/CREMAの法則を比較

「CREMAの法則」構成要素
  • 一番伝えたいこと・結論(Conclusion)
  • その結論に至った理由(Reason)
  • 結論を裏付ける証拠やデータ(Evidence)
  • 結論を達成するための手段(Method)
  • 今すぐ行動することを促す(Action)

これが「CREMAの法則」による文章の流れで、簡単な例文だと以下の感じになります(具体例は後述)。

  • C:フリーランスで仕事をするなら副業がベスト
  • R:コロナ禍の時代、フリーランスは不安定だから
  • E:収入が減ったフリーランスは55%以上
  • M:在宅ワークなら副業としても働きやすい
  • A:副業フリーランスから始めましょう

CREMAの法則では、行動を促すための「手段:Method」というパートがあるので、PREP法を使った文章よりも説得力が増します

さらに、あらかじめターゲットを絞って文章を書くので、新PASONAの法則のように悩みを明確化していく必要もなく、長ったらしい文章にもなりません。

こちらのメルマガ登録用「オプトインページ」は、このCREMAの法則を使って書いたものなので、よければ参考にしてください。
↓↓↓

「CREMAの法則」で書いたオプトインページ(概要)
  • ブログで稼ぐには「本質的な戦略」が必要です(伝えたいこと・結論)
  • 稼ぐための戦略に全集中したら、短期間で稼げるように(理由)
  • ブログやアフィリエイトの実績を公開します(証拠やデータ)
  • 「3つの」本質的な戦略をメール講座でお伝えします(手段)
  • 特典あり!メール講座にすぐ登録を(行動)

CREMAの法則:いま「行動を起こしたい」と思っている人に有効な書き方

CREMAの法則の特徴的なところは、いわゆる「読者の悩みを掘り起こす」というパートがなくて、いきなり「結論」を伝えられること。

つまり、すぐにでも「行動を起こしたい」と思っている読者をターゲットにして、しっかりと「行動を促していく」ような文章の書き方になるんです。

「CREMAの法則」ポイント
  • 「行動を起こしたい」と考えている読者がターゲット
  • 冒頭部分から「伝えたいこと・結論」をはっきり言う
  • データや根拠を示しつつ「具体的な手段」を提示する

こういったことが、CREMAの法則で文章を書くときのポイントになってくるので、ここからもう少し詳しく解説していきますね。

ポイント①行動を起こしたい人をターゲットにするのが前提

CREMAの法則の大前提として、いますぐ「なにか行動したい」と思っている人に向けた文章の書き方なので、読者のターゲッティングはとても重要です。

もしも、ターゲットをしっかり決めないまま書いてしまうと、どことなく「ぼんやりとした文章」になってしまいます。

読者のターゲットが決められないときは、Googleが提唱している「4つの検索意図」を参考にしてみるといいですよ。

Googleによる「4つの検索意図」
  • 知りたい(Know)
  • 行きたい(Go)
  • やりたい(Do)
  • 買いたい(Buy)

インターネット上に限らず、わたしたち人間が「なにか行動したい」と思っているときは、上記4つのどれかに当てはまります。

たとえば、こんな感じで。

  • ブログの稼ぎ方を知りたい
  • 三つ星レストランに行ってみたい
  • 結婚記念日にサプライズをやりたい
  • 一人暮らし用に新しい家電を買いたい

こうやって「4つの検索意図」をベースにしながらターゲットの悩みを想像していけば、ピンポイントな解決策を提示することができます。

ターゲッティングさえできてしまえば、あとはテンプレートに沿って文章を書いていくだけです。

ポイント②冒頭から「伝えたいこと・結論」をはっきり示す

読んでもらいたいターゲットが決まっているので、文章の冒頭から「一番伝えたいこと」や「結論」をはっきりと書いてOKです。

ここで伝えたいことや結論をはっきり示さないと、読者の心は離れていってしまうので注意してください(ブログならページを閉じられる)。

なので、出し惜しみせず「言いたいことを断言」してしまいましょう。

  • ブログで稼ぐには3つの戦略がポイントです
  • 三つ星レストランは〇〇県の△△市にあります
  • 結婚記念日にサプライズには手書きの手紙も渡そう
  • 一人暮らしの家電なら冷蔵庫と電子レンジを買えばOK

こんな感じで、冒頭の部分を読んだだけで「答えが見つかった」と思ってもらえるくらい、はっきりと伝えられると最高です。

あとは、ここで断言したことに説得力を持たせながら、さらに具体的な解決策を伝えていきましょう。

ポイント③データや根拠を示しつつ「具体的な手段」を提示

冒頭部分で「読者に伝えたいこと・結論」を書いたら、その理由を伝えるとともに「データ」や「根拠」となるものを示していきます。

この部分が弱かったりすると、どことなく「説得力に欠ける文章」になってしまうので、結局のところ読者は行動してくれません。

「説得力」を持たせるために
  • 信頼性の高いデータを引用する(公的機関・専門家など)
  • 実体験とか実績を提示する(実際の画像など)
  • 口コミや感想などを載せる(お客様の声など)

こういったことを示しながら、冒頭で伝えたことの「信頼性」を高めていくことが重要です。

そうすることで、読者の気持ちはどんどん高揚していきます。

ここまできたら、あとはしっかりと「具体的な解決手段」を提示してください(ここが本命)。

  • 「メール講座に登録」して、ブログで稼ぐ戦略を手に入れてください
  • この「ページから予約」をすれば、待ち時間なしで三つ星シェフの食事を楽しめます
  • この「万年筆」を使って手紙を書けば、きっと奥様に喜んでもらえるでしょう
  • 一人暮らし用の冷蔵庫と電子レンジなら「〇〇で買えば」30%お得です

この部分が「CREMAの法則」で書いた文章の「核になる」ところなので、読者に「どう行動してもらいたいのか」明確に伝えましょう

ここで、読者の「メリットになるようなこと(「特典・プレゼント・割引」など)」を提案できれば、より積極的に行動してくれますよ。

CREMAの法則を使った文章(具体例)

それでは、ここからは「CREMAの法則を使った文章の具体例」を挙げていきたいと思います。

その前に、CREMAの法則の特徴を、もう一度おさらいしておきましょう。

「CREMAの法則」


【Conclusion:結論】

  • 読者のターゲッティングをしっかりとしておく
  • ターゲットの読者へ向けて「言いたいこと」をはっきりと伝える


【Reason:理由】

  • 結論に至った理由を単刀直入に伝える(できれば共感しつつ)


【Evidence:根拠やデータ】

  • 画像やデータなどを使って「結論に対する信頼性」を高めていく
  • 公的機関や専門家のデータや意見などがあれば積極的に使っていく


【Method:解決手段】

  • より「具体的」な解決手段・方法を伝えていく


【Action:行動】

  • 特典やプレゼントなど「読者のメリット」になるものを用意する

ここでは具体例として、以下の感じで「ライブ配信アプリ」というテーマについて、CREMAの法則で文章を書いてみました。

ライブ配信を始めてみたいなら、YouTubeよりも「ライブ配信アプリ」を使った方が良いです(結論)

ライブ配信アプリなら、スマホでアプリを「ダウンロード」すれば、そのままライブ配信が出来てしまうから(理由)

  • YouTubeだとチャンネルを作らなければならない
  • YouTubeライブで稼ぐには条件をクリアする必要がある
  • ライブ配信アプリには収益化するための条件がない

しかも、大学生の「90%以上」がライブ配信を見たことがあるというデータもあり、これからもっと需要が増えてくる分野でもあります(論拠)

中でも「ポコチャ」というライブ配信アプリがおすすめで、しかも「ライブ配信しているだけで稼げる」というシステムも魅力の1つ(手段)

ダウンロードもライブ配信も、すべて「無料」で使えるアプリなので、今すぐダウンロードしちゃいましょう(行動)

CREMAの法則というのは、高額な「商品やサービス」の販売にはあまり向いていませんが、上記のような「アプリのダウンロード」だとか「メルマガの登録」といったものには効果的です。

そして、ターゲットとなる読者に「どうやって見つけてもらうか」がポイントになってきます。

CREMAの法則は「ブログ」や「メルマガ」でも有効

前半でもお伝えしましたが、CREMAの法則を使うときは「ターゲットを絞って書く」必要があるため、出来上がった文章は「ターゲットとなる読者」に読んでもらわないと意味がありません

ターゲットではない読者が読んでも、まったく響かないので・・・。

ですから、不特定多数というよりは「ある程度ターゲッティング」できる場面の方が、有効かつ効率的に使える文章の書き方です。

  • ブログ
  • メルマガ
  • プレゼン

こういった媒体や場面でなら、かなり効果を発揮するのがCREMAの法則。

なので、読んだ相手に何らかの「行動を起こしてもらいたい」ときは、積極的にこの文章の書き方を使っていきましょう。

ちなみに、Webライティングで稼いでみたくなったら『副業にも役立つWebスキルが3ヶ月で習得できるオンラインスクール11校を徹底比較(未経験者でもOK)』の中でも紹介している「ライタースキル大百科」を使ってみるのもありだと思います。

ターゲットがほぼ明確になっているなら、今回紹介したCREMAの法則を使って文章を書いてみるといいですよ!

ポチらせる文章術

カリスマコピーライターによる買わせる文章術

ポチらせる文章術

現役プロのコピーライターによるネット文章術。メルマガ、ブログ、ネット広告など、すべてのWeb媒体で活用できるノウハウが詰まっています。モノを売るだけでなく、共感してもらえるような文章の書き方も満載。

文章の力で商品を売りたい、ブログやSNSで発信力を高めたい人におすすめです。

【著者】大橋一慶(著者情報はこちら

¥1,540 (2022/01/13 14:40時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場