ポイント!
  • 記事を書く前に「やるべきこと」が3つある
  • 5つの手順を踏むだけで、良質な記事が書けるようになる
  • SEOに強い記事を書くには、4つのコツがある

トール

今回のテーマは『正しい記事の書き方』について!

どうもー!トールです(@tooru_medemi

自社のサイトやブログをマーケティングに活用するとき、そこに投稿する「記事の品質」により成果が大きく変わります。

また、WEB担当者の多くは、以下の悩みを持っています。

  • 記事を書くときに、何から始めればいいかわからない
  • 記事を書いているけれど、なかなか読まれない
  • ホームページの記事が検索上位に表示されない
  • せっかく書いた記事が、読者に響いているのかわからない

しかし、記事の書き方のコツを覚えさえすれば、制作を重ねるごとに良質な記事が書けるようになります。

そこで本記事では、記事の書き方についての手順、SEOに強い記事を書くコツ、読者に読まれる記事の書き方などを紹介します。

【無料ダウンロード】WEB記事制作の基礎知識「12ポイント」公開中!

マーケティングコストの効率化に「WEB記事制作」は欠かせません。個人事業、零細企業、中小企業にとってWEB記事の活用はとても重要です。

  • WEB記事制作のノウハウを知りたい
  • 成果が上がるWEB記事を作りたい

WEB記事制作のプロが「基礎知識から実践テクニック」まで無料で公開しています。

企業のWEB担当、マーケティング担当、個人事業の方々をはじめ、WEB記事制作にご興味がある方はぜひご活用ください。

メルマガに登録して資料をダウンロードする

 

記事を書く前にやるべき3つのポイント

記事の方向性を明確にして、読者ニーズに合った情報を発信するためには、記事を書くための準備が大切です。

また、これから紹介する準備ポイントを正しく実践すれば、SEO効果が高い記事を効率よく制作できるようになります

記事を書く前にやるべきポイントは、以下の3つです。

  • 記事作成の目的を決める
  • ターゲットを明確にする
  • キーワードを選定する

これらは例えるなら、旅行の計画を立てる際に「目的地」「同行者」「予算」を事前に決めておくようなものです。漠然と旅に出るのではなく、目的に合わせて最適なプランを練ることで、充実した旅行になるのと同じことが言えます。

記事を制作する際にも、制作前の準備に時間をかけることが、記事で成果をあげる近道です。手間を惜しまず、入念に準備することを習慣づけましょう。

それでは、各ポイントを詳しく見ていきます。

記事作成の目的を決める

記事を書く前に、まず明確にすべきは「記事作成の目的」です。目的を定めることで、伝えたいメッセージや情報が明確になり、記事の方向性を定めることができます。

WEB記事(コンテンツ)の目的には、以下が挙げられます。

  • 読者の問題解決や疑問に答える
  • 見込み顧客のリストを獲得する
  • 商品やサービスの魅力を伝え、購入を促す
  • ブランドイメージを向上させ、信頼を獲得する
  • 読者とのエンゲージメントを高め、ファン化を図る

検索ユーザーは、何かを知りたい、あるいは解決したい、といった目的があって検索をしているため、その答えを伝えることは記事の大きな役割の1つです。

ただ、情報提供だけだと自社にとってのメリットは少ないため、通常はこのような記事からリードを獲得したり商品やサービスを紹介したりします。

実際、HubSpotの調査によると、アクティブにブログ記事を運用して有益な情報を発信している企業は、そうでない企業よりも67%多くリードを獲得できています。

Companies with blogs produce an average of 67% more leads per month than companies that don’t have active blogs.

ブログを持つ企業は、アクティブなブログを持っていない企業よりも、月に平均67%多くのリードを生み出しています。

【出典】HubSpot:Content Marketing Statistics

また、読者が求める情報を「分かりやすく」かつ「クオリティ高く」伝えることができれば、ブランドのイメージもアップしますし、検索ユーザーからのアクセスも増えます。

これから制作する記事が「どのような目的を達成したいか」を明確にすることで、記事を作りやすくなるでしょう。

ターゲットを明確にする

記事の目的を決めたら、次に「読者ターゲット」を明確にします。ターゲットとは、記事を読んでもらいたい相手のことです。

ターゲットの属性を理解することで、読者の目線に立った記事を書くことができます。

ターゲティングする際は、以下の点を考慮しましょう。

  • 年齢、性別、職業などの属性
  • 興味や関心事
  • 課題や達成したいこと
  • 情報収集の習慣やメディア接触傾向
  • 知識レベルや理解度
  • 記事に求めるメリット
  • 記事に求める情報の種類や深さ
  • 意思決定プロセスでの記事の役割

ターゲットに合わせて、記事の切り口やトーン、言葉選びを工夫することが大切です。

初心者向けの記事であれば、わかりやすい説明と丁寧な言葉遣いが求められます。一方、専門家向けの記事では、専門用語を使いつつ、高度な内容を盛り込むことが効果的でしょう。

ターゲットのニーズや知識レベルに合わせて情報を発信することで、読者に共感される記事になります。

キーワードを選定する

SEO対策として欠かせないのが「キーワードの選定」です。適切なキーワードを記事に盛り込むことで、検索結果での表示順位を上げ、多くの読者に記事を届けることができます

キーワードを選定する際は、以下の点に注意しましょう。

  • メインキーワードと関連キーワードを選ぶ
  • 読者の検索意図に合ったキーワードを選ぶ
  • 検索ボリュームが少ないキーワードを狙う
  • 競合が少ないキーワードを狙う
  • ロングテール(複数語の組み合わせ)を狙う

適切なキーワードを選定し、タイトルや見出し、記事内に自然な形で盛り込むことで、SEO効果を高め、多くの読者を獲得することができるでしょう。

以下のツールは、キーワード選定にとても役立ちます。

これら各ツールの特性を理解し、複数のツールを組み合わせて使うことで、より効果的なキーワード選定が可能となります。

こちらの動画では、実例を取り上げながら3つのポイントを解説しています。よければ参考にしてください。

記事制作の基本5ステップ

記事制作を一定の手順で進めることで、制作スピードのアップ、記事クオリティの安定化、制作チームの標準化などに役立ちます。

ここでは、記事制作の基本となる5つの手順を紹介します。

  1. 記事構成を作成する
  2. 記事の本文を書く
  3. 記事のまとめを書く
  4. 記事の導入部分を書く
  5. 推敲と校正をする

これらのステップを踏まえることで、読者に価値を提供し、SEO効果の高い記事を書くことができます。それでは、各ステップについて詳しく見ていきましょう。

記事構成を作成する

記事構成とは「記事の骨組み」や「論理的な流れ」のことで、本論部分の「見出し」を構成と呼ぶことが多いです。

記事を書き始める前には、まず記事の構成を作成することが重要で、構成を作ることで記事の流れを整理し、伝えたい内容を漏れなく盛り込むことができます。

以下は、記事の目次となる「見出しを作るときのポイント」です。

  • ターゲット読者が知りたいことから優先的に
  • 簡潔でわかりやすい表現にする
  • 数字や記号を活用する
  • キーワードを含める
  • 階層構造を意識する(大見出し・中見出し・小見出し)

記事の骨組みとなる見出しを作ることで、これから書く内容を明確にでき、記事制作にかかる時間を短くできます。

目次の見出しをクリックして「読みたい場所へ移動する」読者も多いので、見出し作りはとても重要です。

記事の本文を書く

記事の構成ができたら、各見出しに沿って本文を書きます。本文を書く際には、常に「読者にとってわかりやすいか」を意識することが大切です。

専門用語は必要最小限にとどめ、難しい概念などは具体例を交えて説明するなど、読者目線に立った書き方を心がけましょう。

以下は、本文を書くときの注意点です。

  • 一文を長くし過ぎない(目安は40〜50文字以内)
  • 箇条書き・段落分けをする
  • 具体的な数字を入れて説得力を高める
  • 適度に改行して空白を設ける
  • 受動態よりも能動態を使う
  • 同じ表現の繰り返しを避ける
  • 引用やデータ使用時は出典を明記する

また、キーワードを意識しつつ、自然な形で文章に盛り込むことも大切です。ただし、キーワードの使用率が高くなるとSEOのスパムと見なされることがあるので注意しましょう。

キーワードの使用率は、記事全体の0.5%程度が適切であるという意見もあります。

general wisdom holds that Google and other search engines respond well to keyword density around 0.5%.

Googleや他の検索エンジンは、約0.5%のキーワード密度によく反応すると言われています。

【出典】HubSpot:The Beginner’s Guide to Keyword Density

専門的な内容を書く場合は、信頼できる情報源から引用し、出典を明記するようにしましょう。引用するデータはできるだけ新しいものを選ぶことで、記事の信頼性を高めることができます。

記事のまとめを書く

本文が完成したら、記事の「まとめ」を書きます。

まとめ部分は記事の内容を締めくくるだけでなく、読者へ価値あるメッセージを伝え「さらなる行動を促す」という重要な役割を担っています。

まとめでは以下の点を意識しながら、記事の内容を簡潔に振り返り、読者に伝えたいメッセージを再度強調しましょう。

  • 記事の主題(一番伝えたいこと)を再確認する
  • 記事の要点をコンパクトにまとめる
  • 読者が得られるメリットや価値を伝える
  • 読者の疑問や反論を想定し、簡潔に応える
  • 次のアクションを促す一文を入れる
  • まとめ部分の分量は「本文の10%」程度にする

記事のまとめは、読者にメッセージを伝えつつ、アクションを起こさせる重要な部分です。本文ではないからといって気を抜かず、目的を持って書きましょう。

記事の導入部分を書く

記事の本文とまとめを書いたあと、記事の「導入部分」を書きましょう。この部分は、読者の興味を引きつつ、記事を読み進めてもらうために重要な役割を果たします

また、本文とまとめ部分を書き終えてから導入部分を考えることで、記事全体を通して最適な導入文を書けます。

導入文を書く際は、以下の点に気をつけてください。

  • ストーリー性ある書き出しで読者を引き込む
  • 数字を使ったインパクトある書き出しをする
  • 読者が抱えている悩みや課題に共感する
  • 記事の主題やメリットを簡潔に伝える
  • 問いかけや統計データを使って、興味を喚起する
  •  記事の内容を要約し、これから読む内容への期待感を高める

これらをすべて使う必要はなく、記事の内容やターゲット層などを考慮して、使い分けましょう。

読者の中には「導入文を読んだだけで行動する」人もいるため、記事制作では気を抜けない部分です。

推敲と校正をする

記事が完成したら、推敲と校正を行いましょう。

推敲では、記事の内容や構成を見直し、改善点がないかチェックします。校正では、誤字脱字や表記ゆれ、文法的な間違いなどを修正します。

以下は、推敲と校正のポイントです。

  • 内容が主題から外れていないか
  • 論理の飛躍や矛盾がないか
  • 冗長な表現や不要な情報がないか
  • 誤字脱字や表記ゆれがないか
  • 文法的な間違いがないか
  • 事実関係に間違いがないか
  • データや引用の出典に漏れがないか
  • 例示や図表は適切か
  • 見出しと本文の整合性はとれているか
  • リンク切れがないか

    推敲と校正は、読者に「正確な情報」を円滑に伝えるために欠かせないプロセスです。記事の細部までこだわることで、読者からの信頼獲得に繋がります。

    推敲と校正に時間をかけることで、読者に信頼される記事を作ることができます。

    以上が、記事制作の基本となる5つのステップです。こちらの動画ではこれらのステップを解説しながら、AIによる文章生成の実演もしています。

    手順を意識することで、読者に価値ある情報を提供することができ、SEO効果の高い記事を効率的に作成することができます。

    SEOを意識した記事の書き方4つのテクニック

    SEOを意識して最適化された記事は、検索結果で上位に表示される確率が高くなります。そして、上位表示されることで、多くの読者の目に触れる機会が増えるでしょう。

    ここでは、SEOに効果がある記事の書き方について、4つのテクニックを紹介します。

    1. タイトルと見出しにキーワードを入れる
    2. 記事内容をキーワードに関連させる
    3. 外部リンクと内部リンクを適切に配置する
    4. メタディスクリプションを最適化する

    これらのテクニックを活用することで、検索エンジンからの評価を高め、記事の検索順位を上げることができます。それでは、各テクニックについて詳しく見ていきましょう。

    タイトルと見出しにキーワードを入れる

    記事のタイトルと見出しは、SEO対策において非常に重要な要素です。検索エンジンはタイトル」と「見出し」からもページの内容を理解するため、ここにキーワードを含めることは欠かせません。

    タイトルと見出しにキーワードを入れる際は、以下の点に注意しましょう。

    • メインキーワードをタイトルに含める
    • タイトルは35文字以内に収める
    • 見出しにも関連キーワードを盛り込む
    • 見出しは階層構造(H2、H3など)を意識する
    • キーワードを詰め込み過ぎない

    タイトルと見出しにキーワードを適切に入れることで、検索エンジンに記事の内容を伝えやすくなります。

    読者がわかりやすいよう「自然な形」でキーワードを入れましょう。

    記事内容をキーワードに関連させる

    記事の内容自体も、ターゲットとするキーワードに関連させることが大切です。キーワードに関連する情報を書くことで、検索エンジンに記事の関連性を伝えることができます。

    記事内容をキーワードに関連させるためのポイントは、以下の通りです。

    • 狙うキーワードについて、詳細や具体例を提示する
    • 狙うキーワードについて、問題点や解決策を示す
    • 狙うキーワードについての情報は、記事の前半に載せる
    • 関連キーワードについての情報も盛り込む
    • キーワードの同義語や関連語を使う
    • 画像のalt属性にキーワードを含める
    • 記事全体におけるキーワードの包含率を0.5%程度とする

    キーワードを詰め込み過ぎは、逆効果となるため注意が必要です。Google は「keyword stuffing(キーワード詰め込み)」を検索スパムととらえ、ペナルティを課す場合があります。

    あくまでも「読者にとって価値ある情報」を伝えることを心がけ、自然な形でキーワードを盛り込むようにしましょう

    外部リンクと内部リンクを適切に配置する

    記事内に「外部リンク」と「内部リンク」を適切に配置することも、SEO対策として有効です。

    外部リンク
    • 信頼できる情報源や権威あるサイトへのリンクを指します。外部リンクを配置することで、記事の信頼性を高められます
    内部リンク
    • 自サイト内の他の記事へのリンクを指します。内部リンクを活用することで、サイト内の回遊性を高め、ユーザー体験を向上させることができます

    適切な外部リンクと内部リンクの設定は、自サイトの「記事の信頼性向上」と「リンク構造最適化」の両面で効果を発揮します

    また、外部リンクと内部リンクを配置する際は、以下の点に気をつけましょう。

    • 外部リンクはコンテンツに関連したものを選ぶ
    • 信頼性の高い外部サイトにリンクする
    • 内部リンクの行き先ページの関連度を考慮する
    • 内部リンクにはキーワードを含むアンカーテキストを使う
    • 内部リンクは3〜5つ程度に抑える

    外部リンクと内部リンクを効果的に使うことで、記事の信頼性とサイトのユーザビリティを高めることができます。

    自サイト内に関連性が高い記事があれば、積極的に内部リンクを設置しておきましょう。

    メタディスクリプションを最適化する

    記事のメタディスクリプションを最適化することも重要なSEO対策です。メタディスクリプションとは、検索結果に表示される「記事の概要文」のことです。

    メタディスクリプションを最適化するポイントは、以下の通りです。

    • キーワード・関連キーワードを含める
    • 記事の内容について正確に要約する
    • 読者の興味を引く文章にする
    • 120〜150文字以内に収める

    Google は、メタディスクリプションを検索結果のスニペット(記事の説明文)として表示することがあります。検索ユーザーが気になるメタディスクリプションを書くことで、クリック率(CTR)を高め、検索順位を上げることにつながります。

    メタディスクリプションは、記事の内容を端的に伝え、読者を引き付ける重要な要素です。読者目線で最適なメタディスクリプションを書くことを心がけましょう。

    ポイント!

    カ。SEOはあくまでも手段の1つです。最も重要なのは「読者にとって価値ある情報」を提供しつつ、良質なコンテンツを作り続けることです。SEOの基本を押さえつつ、読者目線を忘れない記事制作を心がけましょう。

    読者に好んで読まれる記事の書き方5つのコツ

    読者に読まれる記事を書くことで、記事の滞在時間が長くなるサイトへの再訪問に繋がるSNSでのシェアや口コミが増える、といったメリットがあります。

    ここでは、読者に読まれる記事を書くための5つのコツを紹介します。

    1. 読者のニーズや悩みを理解する
    2. 具体例や実体験を盛り込む
    3. データや論文を引用する
    4. 見出しと段落で読みやすさを向上させる
    5. 画像や図表で視覚的に訴求する

    これらのコツを意識して記事を書くことで、読者に役立つ情報を発信して、記事の価値を高めることができます。それでは、各コツについて詳しく見ていきましょう。

    読者のニーズや悩みを理解する

    読者に読まれる記事を書くためには、まず「読者のニーズ」や「悩み」を理解することが大切です。

    そして「読者が求めている情報」や「検索で使っているキーワード」を意識しながら、解決策や価値を提供しましょう。

    読者のニーズや悩みを理解するためのポイントは、以下の通りです。

    • ターゲットの属性や課題を明確にする
    • 検索キーワードから読者の関心事を把握する
    • 競合記事を分析し、不足している情報を補う
    • 読者からの質問やコメントを参考にする
    • アンケートやヒアリングで直接ニーズを聞く
    • SNSでの会話や反応から関心ごとを探る

    読者目線に立って、求められている情報を提供することが、読まれる記事を書くための第一歩です。

    どんなことに困っていて、何を知りたくて検索したのか、その「検索意図」を理解することを心掛けましょう。

    具体例や実体験を盛り込む

    読者に伝わりやすい記事を書くには「具体例」や「実体験」を盛り込むことが効果的です。抽象的な説明よりも、具体的なエピソードや事例を示すことで、読者は内容を理解しやすくなります。

    具体例や実体験を盛り込むためのコツは、以下の通りです。

    • 自分自身の経験を交えて説明する
    • 読者の声や体験談を引用する
    • 著名人や企業の事例を引用する
    • 読者が共感できるようなエピソードを盛り込む
    • 「before-after」や「問題-解決」の形式で示す
    • 統計データをエビデンスとして活用する

    具体例や実体験を交えることで、読者に伝わりやすく、共感を得られる記事を書くことができます。

    自社としての見解を述べるのは問題ありませんが、制作者個人としての見解や感想はできるだけ避けてください。

    データや論文を引用する

    説得力のある記事を書くには、データや論文を引用することが有効です。信頼できるソースから情報を引用することで、記事の信憑性が高まります。

    データや論文を引用する際は、以下の点に気をつけましょう。

    • 引用の目的を明確にし、記事の文脈に沿ったものを選ぶ
    • 引用元の専門性や権威性を確認する
    • 一次情報(オリジナルの調査・研究)を優先的に引用する
    • 引用箇所が明確になるよう、引用部分に「」をつけるなどする
    • 過剰な引用は避け、要約や言い換えを適宜行う
    • 引用元へのリンクを貼る
    • 引用データは最新のものを使う

    適切なデータや論文などを引用することで、記事の信頼性を高めるとともに、論理展開を補強する効果もあります。

    その結果、読者からは「わかりやすく、信頼ある情報」だと印象を持ってもらえるでしょう。

    見出しと段落で読みやすさを向上させる

    記事の読みやすさを高めるには「適切な見出し」と「段落分け」は欠かせません。記事内容を論理的に整理し、読者が情報を探しやすいような構成を心がけましょう。

    見出しと段落で読みやすさを向上させるコツは、以下の通りです。

    • 見出しにはわかりやすく具体的な言葉を使う
    • 大見出し、中見出し、小見出しを階層的に使う
    • 1つの段落には1つの話題を盛り込む
    • 1つの段落は3〜5文程度に収める
    • 段落間の接続関係を意識し、文章の流れを作る
    • 重要な情報は段落の冒頭に持ってくる
    • 長すぎる文章は避け、一文を短くまとめる

    このように、見出しと段落分けにも注意を払うことで、読者は内容を把握しやすくなるでしょう。

    Scanning is how users read on the web. They don’t read everything from top to bottom. Instead, they scan the page for individual words, phrases, and sentences.

    スキャンは、ユーザーが Web 上で読む方法です。彼らは上から下まですべてを読むわけではありません。代わりに、ページをスキャンして個々の単語、語句、文を探します。

    People don’t read online; they scan. They hunt for information like wild animals forage for food, jumping from one scent to the next.

    人々はオンラインでは読みません。彼らはスキャンします。彼らは、野生動物が食べ物をあさるように、ある香りから次の香りへと飛び移って情報を探します。

    【出典】Nielsen Norman Group:How People Read Online

    画像や図表で視覚的に訴求する

    記事に「画像」や「図表」を取り入れることは、読者の理解を助け、記事の印象を高めるために有効です。視覚的な要素を使うことで、記事の内容を効果的に伝えることができます。

    画像や図表を活用する際のポイントは、以下の通りです。

    • 記事の内容に関連する画像や図表を選ぶ
    • 画像や図表は記事の要所に配置する
    • オリジナルの画像や図表を作成する
    • 画像には代替テキスト(alt属性)を設定する
    • 図表にはわかりやすい説明文を付ける
    • 画像や図表の質やサイズに気をつける
    • 画像にはコピーライトや引用元を明記する

    適切な画像や図表を活用することで、読者に記事の内容を「深く印象づける」ことができます。

    読者が分かりやすいと感じてくれる記事であれば、何度でも再訪してくれるようになるでしょう。

    記事の書き方ひとつで集客力が大きく変わる

    自社サイトや自社ブログで記事を書くには、はじめに「記事の目的」と「ターゲット」と「狙うキーワード」を明確にしましょう

    そうすることで、SEOにも強く、自社の利益に貢献できる記事を制作できます。

    記事を書く段階では、記事構成をしっかり作成して「本文→まとめ→導入」という順で書いていくと効率的です。また、一通り記事を書き終えたら校正と推敲をしてください。

    面倒だと思わず、校正・推敲をすることで、読者に信頼される記事へと仕上がります。

    ぼかんやのメルマガ」では、今回紹介した記事の書き方を、さらに深掘りした内容でお届けしています。

    記事制作に慣れないうちは時間がかかるかもしれませんが、コツコツ積み重ねることで記事の書き方は上達します。

    本記事やメルマガで伝えることを活かして、自社マーケティングに貢献する記事を制作しましょう!